南八ヶ岳【天女山からキレット(赤岳)経由(真教寺尾根)周回2/2

2010年9月9日~11日 歩いてみたかった南八ヶ岳(キレット越え)
一泊小屋泊まりで以前から歩いてみたいコースの「南八ヶ岳」キレットコースを天女山から歩いてきた。今回の山行で観音平から八ヶ岳主稜線が蓼科山まで繋がりました。9日は移動日で夕方家を出て天女山駐車場で車中泊し早発ちします。
二日間の行動時間(休憩含む):14時間37分 歩行距離:20.3㎞ 
二日目(11日)土曜日   今日は真教寺尾根を下山します。
コースとタイム
赤岳山荘4:50→赤岳4:55(5:38)→真教寺尾根分岐5:52→扇山7:34→牛首山7:45→賽ノ河原8:36→羽衣の池9:18→林道出合9:46→ケート10:00→横断歩道展望台10:35→天女山駐車場11:20
(休憩含む)行動時間:6時間30分 歩行距離:10.89㎞ 歩行速度:1.8㎞/h 
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル  累積標高(+)489m(-)1.872m 
画像

小屋をでて赤岳山頂で軽い食事しながら日ノ出を待ちます。赤岳山荘と朝焼け
画像

モルゲンロートに染まっていく関東山地・秩父山地の山々
画像

茅ヶ岳・三ツ峠山・御坂山塊の山々・富士山・毛無山塊
画像

奥秩父の山々。今日も良い天気と展望が得られるようだ。
画像

北アルプス・霧ヶ峰・美ヶ原・八子ヶ峰
画像

十石山・槍穂高連峰・常念山脈・高ポッチ山・鉢伏山・霧ヶ峰
画像

乗鞍岳・十石山・鉢盛山で手前は阿弥陀岳山頂部
画像

御嶽山・経ヶ岳
画像

鳳凰山・南アルプス・三ツ頭・権現岳・旭岳・ギボシ・編笠山・西岳
画像

富士山・竜ヶ岳・雨ヶ岳・毛無山・天子ヶ岳
画像

丹沢連峰・御正体山・三ツ峠山・御坂山塊・帯那山・黒富士・曲岳・太刀岡山・茅ヶ岳
画像

四阿山・篭ノ登山・浅間山・日光の山々
画像

金峰山・甲武信岳など奥秩父の山々
画像

関東山地・秩父山地で両神山付近に昇ってきました。
画像

日ノ出と両神山
画像

両神山と素晴らしい日ノ出ですね。
画像

大泉、野辺山高原の雲海と奥秩父の山々
画像

三ツ峠山・御坂山塊・富士山・雨ヶ岳・毛無山・茅ヶ岳
画像

四阿山・篭ノ登山・浅間山で後方は日光の山々だろう。右手前は山荘前の広場です。
画像

蓼科山・北横岳・天狗岳と後方は高妻山・妙高山・火打山・焼山などだろう。
画像

燕岳・餓鬼岳・立山・剱岳・爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳が確認できる。手前には美ヶ原・霧ヶ峰・八子ヶ峰の山々だ。           
画像

十石山・穂高連峰・槍ヶ岳・常念岳・大天井岳・燕岳・餓鬼岳などの山々と高ポッチ山・鉢伏山・霧ヶ峰
画像

乗鞍岳・十石山・飯盛山
画像

奥秩父の山々
画像

鳳凰山・南アルプス・三ツ頭・権現岳・旭岳・ギボシ・編笠山・西岳
画像

御坂山塊・毛無山塊・茅ヶ岳・富士山
画像

赤岳三角点と奧秩父の山々
画像

赤岳山荘と後方の凸凹山は妙義山だろうか。
画像

蓼科山・天狗岳と後方は頸城の山々
画像

道志御坂山塊・茅ヶ岳・富士山・毛無山
画像

蓼科山・北横岳・天狗岳と後方は頸城の山々
画像

北アルプス・美ヶ原・霧ヶ峰・八子ヶ峰
画像

北アルプス・高ポッチ山・鉢伏山霧ヶ峰(車山)
画像

北アルプス
画像

乗鞍岳十石山・鉢盛山・阿弥陀岳
画像

赤岳山頂の赤嶽神社
画像

荒船山・御座山だろうか。
画像

国師ヶ岳・金峰山で右後方は小金沢連峰
画像

経ヶ岳・御嶽山に延びる影 赤岳
画像

中央アルプス・釜無山・入笠山
画像

鳳凰山・南アルプス・三ツ頭・権現岳・旭岳・ギボシ・編笠山・西岳
画像

茅ヶ岳・御坂山塊・富士山・毛無山塊
画像

経ヶ岳・御嶽山で赤岳の影が御嶽山の中腹へと伸びています。
画像

黄金色に染まる道志丹沢連峰・茅ヶ岳・御坂山塊・富士山
画像

関東山地の妙義・荒船方面
画像

大泉高原と秩父山地の山々
画像

関東山地の山々で奧は荒船山?。手前右は御座山?か。
画像
奧秩父山系・小金沢連峰・道志丹沢山系の山々
画像

蓼科山・天狗岳・硫黄岳・横岳と後方は頸城の山々・四阿山・篭ノ登山・浅間山
画像

赤嶽神社と北アルプス・鉢伏山・美ヶ原・霧ヶ峰
画像

中央アルプス・経ヶ岳・御嶽山・鉢盛山・乗鞍岳・入笠山と手前は阿弥陀岳
画像

中央アルプス・経ヶ岳・御嶽山・釜無山・入笠山と手前は西岳
画像

甘利山、千頭星山・辻山・薬師岳・観音岳・地蔵岳・高嶺・農鳥岳・北岳・アサヨ峰・甲斐駒ヶ岳・大岩山・仙丈ヶ岳・鋸岳・雨乞岳と手前は三ツ頭・権現岳・旭岳・ギボシ・編笠山・ツルネ
画像

奧秩父・小金沢連峰の山々
画像

三ツ峠山・御坂山塊・富士山・雨ヶ岳・毛無山・茅ヶ岳とこれから向かう牛首山。そして中央手前の二つの牧場を横切り天女山駐車場へと戻っていく。
画像

山頂を後に竜頭峰へと向かいます。
画像

竜頭峰から延びている真教寺尾根。凄い高度差を感じます。ここは左へと巻いて下りていきます。
画像

左から竜頭峰・三ツ頭・権現岳・旭岳・ギボシ・編笠山・ツルネと後方は南アルプス
画像

奧秩父・小金沢連峰・御坂山塊・富士山・毛無山・茅ヶ岳・牛首山・竜頭峰
画像

文三郎尾根方面への分岐へと下りていきます。
画像

文三郎尾根・阿弥陀岳方面分岐から竜頭峰へとクサリ場を進んで行く。今のところこちらへ向かう人はいないようだ。

画像

竜頭峰から真教寺尾根分岐へとクサリ場を下りていく。
画像

御正体山・三ツ峠山・御阪黒岳・節刀ヶ岳・王岳・富士山と羅漢寺山・帯那山・水ヶ森・茅ヶ岳・曲岳・黒富士などの山々
画像

辻山・薬師岳・観音岳・地蔵岳・高嶺・農鳥岳・北岳・アサヨ峰・黒戸山と手前は三ツ頭・権現岳
画像

高嶺・農鳥岳・北岳・アサヨ峰・黒戸山・日向山・甲斐駒ヶ岳・鞍掛山・大岩山・仙丈ヶ岳・鋸岳と手前は権現岳・旭岳・ギボシ・編笠山
画像

鳳凰山・南アルプス・三ツ頭・権現岳・旭岳・ギボシ・編笠山・西岳
画像

中央アルプス・釜無山・入笠山
画像

御嶽山・経ヶ岳・鉢伏山
画像

乗鞍岳・十石山・鉢盛山と阿弥陀岳
画像

十石山・穂高連峰・大キレット・南岳・大喰岳・槍ヶ岳・鷲羽岳・野口五郎岳で手前に霞沢岳・蝶ヶ岳・常念岳・大天井岳・燕岳・有明山。そして高ポッチ山・鉢伏山・霧ヶ峰
画像

鷲羽岳・野口五郎岳・立山・針ノ木岳・鳴沢岳・爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳などと鉢伏山・霧ヶ峰(車山)・美ヶ原
画像

展望をじっくり楽しみ真教寺尾根分岐へと戻って来ました。
画像

真教寺尾根へと足場の悪い急な斜面を8カ所のクサリを頼りに正面の牛首山へと下りていき、右に見える二つの牧場を横断して天女山へと戻っていきます。

画像

真教寺尾根に入ると直ぐにクサリ場。
画像

今の所このコースへと進んでいるのは私だけのようです。
画像

タカネツメクサ
画像

殆どの人達が阿弥陀岳・文三郎尾根方面へ行きました。そして私の後方にいた3人のグループは、キレット方面へ向かって尾根を歩いているのが見えているので人的な落石の心配は無いですね。しかし、ここは時々滑落事故が起きているようですので慎重に下りていきます。
画像

一息ついて上方を見上げます。分岐点は全く見えない急斜面です。時間的に登ってくる人とのすれ違いが無いので気を使わないですみます。
画像

足場の悪い急なクサリ場が続きます。
画像

安全な場所で思う存分展望が楽しめます。右の牧場の右手にゴールの天女山が見えています。牛首山・黒富士・曲岳・羅漢寺山・三ツ峠山・御阪黒岳・富士山・雨ヶ岳・毛無山
画像

南アルプス・鳳凰山・早川尾根と昨日歩いた三ツ頭・権現岳・旭岳・ギボシと眼下は大天狗・小天狗
画像

振り返ると中央上の方に真教寺尾根分岐の道標が小さく見えています。
画像

以前として足場の悪い急な斜面のクサリ場が続きます。
画像

甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・権現岳・ギボシ・旭岳・大天狗。天狗尾根の踏み跡がはっきり見えますが地図には迷い込まないようにと書いてあります。
画像

観音岳・地蔵岳・高嶺・農鳥岳・間ノ岳・北岳・小太郎山・アサヨ峰・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳と手前は三ツ頭・権現岳・旭岳・ギボシ・大天狗
画像

櫛形山・千頭星山・甘利山・辻山・薬師岳・観音岳・地蔵岳・高嶺・ボウコン沢ノ頭・農鳥岳・八本場ノ頭・間ノ岳・北岳・小太郎山・早川尾根ノ頭・三ツ頭と遙か後方には八紘嶺・笊ヶ岳などの山々も見えています。
画像

何処まで続くのか足場の悪い急なクサリ場。
画像

雲海に浮かぶ富士山・雨ヶ岳・毛無山・茅ヶ岳
画像

立ち枯れ木
画像

この付近から幾分か楽に歩けます。
画像

時々足下の悪いところが現れるが普通の登山道の範囲だ。
画像

牛首山と同じくらいの標高まで下りてきたようです。
画像

御座山・男山・天狗山・三国山などの山々
画像

甲武信岳・小川山・横尾山・国師ヶ岳・金峰山・瑞牆山・飯盛山・野辺山高原
画像

菰釣山・御正体山・三ツ峠山・御阪黒岳・帯那山・黒富士・曲岳・茅ヶ岳
画像

富士山・竜ヶ岳・雨ヶ岳・毛無山・天子ヶ岳
画像

櫛形山・千頭星山・甘利山・辻山・薬師岳・観音岳・地蔵岳・高嶺で後方は山伏・笊ヶ岳などだろうか。
画像

三ツ頭・権現岳・旭岳・ギボシがだいぶ上に見えるようになってきました。
画像

大天狗(コアラ)・小天狗(ネズミ男)・天狗ノ頭
画像

竜頭峰・赤岳・赤岳山荘を振り返ります。
画像

まだまだ足下の悪い岩場が現れます。鞍部から牛首山へ登り返しになるようですね。
画像

御坂山塊・富士山・茅ヶ岳
画像

ミヤマコゴメグサ
画像

モミジイチゴ
画像

以前としてぐんぐん高度を下げていきます。
画像

シラタマノキ
画像

少しずつ牛首山へと登っていきます。
画像

竜頭峰・赤岳・赤岳山荘を振り返ると急斜面を下りてきたのが分かる。
画像

牛首山かと思ったが手前の扇山でした。
画像

若干下り登り返すと
画像

牛首山山頂でした。ここが今日の工程の三分の一。大休憩して足を休めていると今日の3人目の単独者が登っていきました。後方の山は前三ツ頭です。
画像

権現岳・旭岳
画像

牛首山を後に賽ノ河原へと向かっておりていきます。
画像

素晴らしい展望です。右下手前の二つの牧場を横断して天女山(P)へ。
画像

三方分山・竜ヶ岳・雨ヶ岳・毛無山・長者ヶ岳・天子ヶ岳で右遙か後方には安倍山系の十枚山や八紘嶺なども見えていました。
画像

櫛形山・甘利、千頭星山・辻山・薬師岳・権現岳・地蔵岳・高嶺・農鳥岳・間ノ岳・北岳
画像

鳳凰山・白峰三山・早川尾根・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳
画像

この付近で大荷物の若い単独の女性とすれ違いました。テント泊だろうか。
画像

横断する牧場はまだまだ先です。ゴール目標時間は12時。今、8時なのであと4時間の行動だ。
画像

ボウコン沢ノ頭・八本場ノ頭・間ノ岳・北岳・アサヨ峰・甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳・鋸岳
画像

ここで単独の小父さんとすれ違いました。
画像

急な所もなくなり笹道を下りていきます。
画像

アキノキリンソウ
画像

甲武信岳・横尾山・小川山・瑞牆山・金峰山・飯盛山など奧秩父の山々
画像

御坂山塊・茅ヶ岳・富士山
画像
画像

賽ノ河原が近いようです。
画像

タカネマツムシソウ
画像

アキノキリンソウ
画像

賽ノ河原
画像

正面やや右の岩からの展望が素晴らしいです。ここまでのすれ違い者は9人でした。
画像

茅ヶ岳・富士山
画像

富士山・竜ヶ岳・雨ヶ岳・毛無山・長者ヶ岳・天子ヶ岳
画像

櫛形山・千頭星山・鳳凰山・南アルプス
画像

前三ツ頭・三ツ頭・権現岳
画像

竜頭峰・赤岳・赤岳山荘・赤岳天望荘。ここから見る竜頭峰から延びる真教寺尾根は凄い勾配ですね。
画像

赤岳天望荘・三叉峰・横岳で手前のおねは県堺尾根
画像

タチフウロ
画像

ヤマノコギリソウ
画像

大泉清里スキー場の右横を下りていきます。登山道に笹がかぶり足下が見えないので注意しながら進みます。
画像

ここもスキー場の跡だろう。
画像

羽衣の池に着いたようです。
画像

羽衣の池.。ここで今日の工程約三分の二です。
画像

羽衣の池
画像

羽衣の池の案内図
画像

横断歩道に入ると少々アップダウンはあるが緩やかな清々しい道です。
画像

残念ながら展望はありません。
画像

この分岐は斜め右へと進みます。
画像

分岐から直ぐに林道に出て横断し右へ林道沿いに進んで行きます。
画像

右は林道で左の道進みます。
画像

川俣川が近いのか水の流れる音が聞こえてきました。
画像

ツリフネソウ
画像

キツネノボタン
画像

カンチコウゾリナ
画像

ビッチュウフウロ
画像

林道から5分弱で川俣川に着きます。ここで歯磨きをすませ左へ90度折れ付け替えられてた左岸の道へと進みます。以前は真っ直ぐだった右岸の道は通れません。
画像

川俣川を徒渉してここを登ると旧道(通行止め)に合流しました。
画像

そして林道を進んで行くと車止め(ゲート)。ここから展望の良い牧場の中を横断していきます。黒富士・曲岳・茅ヶ岳・富士山
画像

牛さんはまだ放牧されていないのか見あたりません。
画像

三ツ頭・権現岳・旭岳
画像

小川山・金峰山・瑞牆山・横尾山など奥秩父の山々
画像

茅ヶ岳・御坂山塊・富士山・毛無山塊
画像

ここは林道の右側の草地を真っ直ぐ進みます。
画像

キレット・竜頭峰・赤岳・牛首山
画像

富士山・奥秩父の山々
画像

小川山・飯盛山・瑞牆山・金峰山
画像

左の道は行き止まりになります。右を緩やかに登っていきます。
画像

ビッチュウフウロ
画像

真っ直ぐは有刺鉄線で行き止まりになるのでやや左へと進みます。
画像

上から見ていた一つ目の牧場を通過し雑木の展望の無い緩やかな道を進みます。
画像
画像

横断歩道の展望台に着いたようです。
画像

前三ツ頭・三ツ頭・権現岳・旭岳
画像

赤岳・牛首山で5時間前は見えている赤岳山荘にいたんですね。
画像

高嶺・間ノ岳・北岳・アサヨ峰・栗沢山・甲斐駒ヶ岳
画像

千頭星山・辻山・薬師岳・観音岳・地蔵岳・高嶺・間ノ岳・北岳
画像

櫛形山・甘利山・千頭星山・辻山・薬師岳・観音岳
画像

富士山・王岳・三方分山・竜ヶ岳
画像

横断歩道展望台と鳳凰山・南アルプス
画像

フジアザミ
画像

ウメバチソウ
画像

展望台から少し進んで行くと林道を横切ります。
画像

タチフウロ
画像

そして牧場沿いに進んで行くと
画像

二個目の牧場になり真ん中を横断していきます。
画像

小川山・横尾山・瑞牆山・金峰山
画像

黒富士・曲岳・茅ヶ岳
画像

茅ヶ岳・富士山
画像

三ツ頭・権現岳・旭岳・2.032mピーク・赤岳・牛首山
画像

牧場横断も終わり雑木の中を進みます。
画像

キツネノボタン
画像
画像

天女山への道路が見えてきました。ゴールは近いです。
画像

道路を進んでも良いのですがやっぱり登山道を進んで行くことにします。
画像

道路を渡り直ぐの分岐を
画像

右へと登っていきます。
画像

それ程急ではないのですが足が先へ進みません。ここを登りきると天女山なんですが日陰で休憩します。
画像

天女山山頂標柱は駐車場より低い位置にありました。右へ行くと
画像

天女山駐車場のゴールです。
画像

駐車場は満杯で指定外にも沢山の車が止まっていました。そして今回の山行は大キレット・不帰キレット・八峰キレットと変わらない位に感じました。天気にも恵まれ二日間素晴らしい展望があり素晴らしい山行になりました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2010年11月14日 20:00
こんばんは
はじめまして
長いブログお疲れ様でした。
お陰さまで登ってみたい南八ヶ岳の様子がよくわかりました。
写真撮るのもたいへんだったのではないでしょうか。
真教寺尾根がいかに急で怖い所かわかりました。やはり私には登る自信がありません。今はもう雪があるのでもっともっと危険ですね。
参考になりました、ありがとうございました。
2010年11月15日 17:23
nona様 こんばんは

始めまして
もっと早くアップしたいんですが山や仕事・いろんなことが忙しく、9月のレポがこんなに遅くなってしまいました。
朝早いこともあり前後の登山者がいなかったので一応安全だと思われる所で撮りました。
真教寺尾根は南八ヶ岳の中ではきついし危ないところが多いかも知れませんね。キレット小屋からの赤岳への登りも結構キッイし天狗尾根ノ頭までは危険な所が多いです。
特に単独で自信がないときは止めた方がいいと思います。私も99%が単独ですので低い山からレベルアップして行き現在に至りました。
そうそう北八ヶ岳の横岳付近は雪があっても比較的安全でスノーハイクが盛んなところです。
私のブログが参考になつて、コメントまで頂いて有り難いです。