北アルプス【八方尾根の八方池まで】

2010年8月11日  八方池
昨日、栂海新道下山後、次の目的「蓮華温泉登山口」へ向け千国街道を走っていると雨が降り始めてきたが、今晩の食料を仕入れ平岩駅前から蓮華温泉への道に入って行く。上に行くに連れ雨が激しくなってきた。おそらく台風接近の影響だろう。「鉱山道~大池」を中止してUターン。白馬の何時もの第三駐車場で一夜を明かした。
朝起きると雲は多いが青空が覗いている。このまま帰るには勿体ない。林道(黒菱ライン)に入り黒菱平から八方池をピストンしてきた。
第三駐車場付近から遠見尾根と五竜岳方面。手前は白馬ジャンプ台
画像
画像

名木山尾根を見上げると兎平付近に日差しが差し始めてきた。
画像

このまま帰るには少々もったいない。上の様子は分からないが黒菱平へと車で上って行く。
画像

林道を上るに連れガスが多くなってくる。6時10分ころ黒菱平に着くともうリフトが動いていた。ガスは多いが時々晴れ間が覗くので八方池まで行ってみることにして財布とカメラのみでリフトに乗り先ずは八方池山荘へ。リフト下には沢山の花々が咲いていて楽しませてくれる。
画像

リフトを降り一面に咲き広がるシモツケソウを見ながらグラートクワット乗り場へ。
画像

鎌池
画像

グラートクワッドリフト乗降口とヤナギラン
画像

展望も素晴らしい八方池山荘。泊まってのんびり過ごすのも楽しい所だ。
画像

山荘裏手の八大竜王。ここからの白馬三山も素晴らしいのだが残念ながらガスに覆われている。
画像

ここからは八方尾根の沢山の花々。ゴンドラが動いていない時間帯なので静かでゆっくりと楽しみながら八方池へと進んで行きます。
ヤナギラン
画像

タカネマツムシソウ
画像

ダイモンジソウ
画像

タムラソウ
画像

ハクサンシャジン
画像

シモツケソウ
画像

?ミヤマセンキョウ?
画像

ホツツジ
画像
  
シモツケソウ
画像

キンコウカ
画像
画像
画像

オニアザミ?かな
画像

キバナカワラマツバ
画像
画像

ハクサンタイゲキ
画像

キンコウカ
画像

タテヤマウツボグサ
画像

エゾシオガマ
画像
画像

ヨツバシオガマ
画像

イワシモツケ
画像

ミヤマコゴメグサ
画像

ハッポウタカネセンブリ
画像

タムラソウ
画像

ウメバチソウ
画像

オオバギボウシ
画像

ヤマホタルブクロ・シロバナヤマホタルブクロ
画像

イワシモツケ
画像

オヤマソバ
画像

ヤマホタルブクロ
画像

ヤマホタルブクロ
画像

シロバナヤマホタルブクロ
画像

ミヤマアズマギク
画像

ミヤマクワガタ
画像

新しく敷かれた木道を池へと向かいますが丸山方面も相変わらずガスで展望が得られません。
画像

イブキジャコウソウ
画像

第二ケルンも近くなってきました。もうひと登りすると右手の方に八方山のトイレが見えてくるはずだ。
ミヤマママコナ
画像

シモツケソウ
画像

イワショウブ
画像

この先をやや右へと向かうと木道が切れて
画像

八方山のトイレの屋根が見えてきました。
画像

ミヤマアキノキリンソウ
画像

ヤマハハコ
画像

ヨツバシオガマ
画像

シロバナニガナ
画像

ニッコウキスゲ
画像

イワツメクサ
画像

クモマミミナグサ
画像

八方池付近はガスで全く見えていません。ここで引き返そうか迷ったんですが八方池付近も沢山の花々が有るのでやっぱり向かいます。               
第二ケルン
画像

ハクサンシャジン
画像

タテヤマウツボグサ
画像

ウメバチソウ
画像

八方ケルン
画像

今日、初めての展望です。天狗尾根・白馬鑓ヶ岳・杓子岳
画像

ハクサンシャジン
画像

天狗尾根・白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳
画像

天狗ノ頭・天狗尾根・白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳
画像

タカネマツムシソウ
画像

ハクサンシャジンと天狗尾根・白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳
画像

ガスが多いが天狗尾根・白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳の素晴らしい展望です。
画像

白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳
画像

天狗尾根の天狗ノ頭・天狗平
画像

ハクサンジャジン・白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳
画像

小蓮華山も見えてきました。
画像

タカネマツムシソウ・ハクサンシャジン・白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳。残念ながら左方の五竜岳・鹿島槍ヶ岳などはガスの中です。
画像

タカネマツムシソウ
画像
画像
画像

小蓮華山・白馬乗鞍岳
画像

休憩を兼ねて少し見入っていました。
天狗ノ頭・天狗平・白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳
画像

白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳・小蓮華山・乗鞍岳
画像
画像

ピークに少々ガスがありますが白馬三山の白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳
画像

左側も少々ガスが流れ遠見尾根と五竜岳の一部が見えてきました。
画像

丸山・不帰嶮
画像

不帰嶮・不帰キレット
画像

不帰キレット・天狗ノ大下り・天狗ノ頭・天狗平
画像

白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳
画像

小蓮華山・乗鞍岳
画像

鹿島槍ヶ岳・五竜岳・常念岳方面
画像
画像

タカネマツムシソウと八方池
画像
画像

八方池と不帰嶮・大下り・天狗ノ頭。数人の登山者が見えます。
画像

第三ケルン付近から白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳・小蓮華山
画像
画像

第三ケルンのそばに地蔵様。三回目にして初めて気付きました。
画像

素晴らしいです。今日ここまで見えるとは思いませんでした。第三ケルンから八方池と天狗ノ頭・白馬三山
画像

八方池ケルンと丸山・不帰嶮
画像

八方池ケルン・丸山・不帰嶮
画像

白馬三山
画像

八方池・不帰嶮
画像

タカネイブキボウフウ・ミヤマトウキ・ハクサンシャジン・ミヤマアキノキリンソウなどのお花畑
画像

遠見尾根方面は相変わらずです。
画像

タカネイブキボウフウ
画像

ミネウスユキソウ
画像

八方池・白馬鑓ヶ岳・杓子岳・小蓮華山
画像

タカネナデシコ
画像

ミヤマコゴメグサ
画像

丸山・三峰・二峰南峰・二峰北峰・一峰
画像

ミヤマママコナ
画像

三峰・二峰南峰・二峰北峰・一峰・不帰キレット・天狗ノ頭・天狗尾根
画像

ミヤマコゴメグサ
画像

八方池分岐の道標でここが今日の折り返し地点です。八方池へとほんの少し下りていきます。
画像

八方池・白馬三山・小蓮華山
画像

ハクサンシャジン・オヤマソバ
画像

タカネマツムシソウ
画像

八方池
画像

池の周りにはハクサンジャジンが多いです。
画像

ニッコウキスゲ
画像

シロバナニガナ
画像

ミヤマリンドウ
画像

ここ(池)のタカネマツムシソウは茎が長いですね。
画像

八方池
画像

波だっていますが八方池に映る天狗尾根・白馬鑓ヶ岳・杓子岳
画像

八方池に映る一峰・キレット・天狗ノ頭・天狗尾根・白馬鑓ヶ岳・杓子岳
画像

八方池に映る三峰・二峰南峰・二峰北峰・一峰・キレット・天狗ノ頭
画像

天狗ノ大下り・天狗尾根
画像

八方池と白馬鑓ヶ岳・杓子岳
画像

オニシモツケ
画像
画像

ネバリノギラン
画像

ダイモンジソウ
画像

ミヤマアズマギク
画像

シモツケソウ
画像

キバナノカワラマツバ
画像

ダイモンジソウ
画像

チングルマ
画像

エゾシオガマ
画像

ガスが段々と多くなってきています。
画像

丸山・三峰・二峰南峰・二峰北峰・一峰・天狗ノ大下りで見えなくなるのも時間の問題だろう。
画像
画像

ムシトリスミレ
画像

飯森神社奧社と不帰嶮
画像

唐松岳への八方尾根稜線を行く人が増えてきています。
画像

ハッポウタカネセンブリ
画像

八方池と尾根の八方池ケルン
画像

タカネマツムシソウ
画像

ヤマルリトラノオ
画像

ハッポウワレモコウ
画像

ハッポウウスユキソウ
画像

ウメバチソウ
画像

ガスがだいぶ下りてきています。丸山を含め先程までの展望は全く無くなりました。八方池も直ぐそこまでガスが押し寄せて来ています。
画像

八方池のお花畑
画像

八方池のお花畑
画像

ヤマルリトラノオ
画像

シロバナヤマホタルブクロ
画像

ミヤマアキノキリンソウ
画像

タカネマツムシソウ
画像

八方池のお花畑
画像

ガスが迫るなかを八方池山荘へと下りていきます。    
タカネマツムシソウ
画像

オヤマソバ
画像

ミネウスユキソウ
画像
画像

ネバリノギラン
画像

ハクサンシャジン
画像

ニッコウキスゲ
画像

タテヤマリンドウ
画像

イワイチョウ
画像

ミヤマタンポポ?
画像
画像

ユキワリソウ
画像

ミヤマカラマツ
画像

ハクサンシャジン・ハッポウワレモコウ
画像

木道コースは沢山の登山者で一杯です。下りの木道も登る人ですれ違いが大変で大きな石の間を通る稜線の道を下りました。
ミヤマリンドウ
画像

八方池山荘からはグラートクワットの乗車券はあったが花々を見ながら登山道を下りていきました。
ハナニガナ
画像

オニシモツケ
画像

エゾシオガマ
画像

イワシモツケ
画像

オオバギボウシ
画像

ウラジロタデ
画像

カラフトソウ
画像

シモツケソウ
画像

山荘から登山道をジグザグに下りてくると湿原に降りたちます。
画像

シナノオトギリ
画像

ゴマナ?
画像

黒菱第三リフト乗り場の奧には、真新しいこんな展望図が設置してありましたが生憎ガスで何にも見えなくなってしまいました。そしてここから黒菱平の駐車場へは登山道らしき道が見あたらないのでリフトで下ります。
画像

ヤマルリトラノオ
画像

ヨツバヒヨドリ
画像

カラフトソウ
画像

ヤナギラン
画像
この夏休み予定外の八方池だったがこれはこれで沢山の花々を見れてよかった。蓮華温泉からの鉱山道・笹目尾根や千国揚尾根は何時になるか分からないが楽しみに行くだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント