北アルプス【残雪の八方池(八方尾根)】

2010年4月9日    
昨年の9月に八方尾根から唐松岳・五竜岳・鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳・扇沢へと縦走した時に、雪のこの尾根をもう一度歩いてみたかった。
しかし、今回は3ヶ月のブランクと体調の関係で八方池まで行ければ良いだろう。出来れば丸山まで行きたいが今の私には無謀な高望みである。諦めるしかない。何時かは唐松岳まで行き剱岳を眺めたい。AM2時頃第三駐車場に着いて空を見上げると星空が広がっていた。きっと素晴らしい天気になるだろうと期待しながら仮眠。
画像

コース  
ゴンドラ・アルペン・ロマンスリフトと乗り継ぎ八方池山荘へ そして八方池を往復
GPS軌跡データ
画像

5時過ぎに目覚めたが始発は8時だ。もう眠れそうもないので付近をぷらぷらと歩いて時間つぶし。(第三駐車場にて)5時半頃になると山々が焼け始めてきた。
杓子岳・白馬岳
画像

白馬鑓ヶ岳・杓子岳
画像

電線が邪魔ですね。 遠見尾根と五竜岳
画像

鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳・小蓮華山
画像

小蓮華山
画像

白馬岳
画像

杓子岳
画像

白馬鑓ヶ岳
画像

白馬鑓ヶ岳・杓子岳
画像

白馬三山
画像

兎平・黒菱平が見えています。
画像

手前に白馬ジャンプ台と北尾根ノ頭・五竜岳・白岳(やっぱり電線邪魔ですね)
画像
ここまで麓からの展望
ここから八方池を目指して歩きます。
(兎平にて)白馬三山(鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳)
画像

八方池山荘から尾根を歩いて行きます。もう岩がこんなに露出しているんですね。雪は予想以上に締まっています。スノーシューを持ってきたんですが必要無さそうです。アイゼンなしで八方山へと登って行きます。
画像

天狗ノ頭・鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳
画像

間違っているかも知れませんが左から雨飾山・金山・焼山・火打山・妙高山
画像

妙高山・地蔵山・乙妻山・高妻山・戸隠山だろうか?
画像

戸隠山?と後方は志賀の山々で岩菅山などだろうか?。
画像

日光白根山・四阿山だらうか?。手前の赤い屋根は八方池山荘で右隣はリフト山頂駅
画像

四阿山・浅間山
画像

金峰山など奧秩父の山々・八ヶ岳連峰・南アの鋸岳・甲斐駒ヶ岳
画像

山荘を後に先ずは八方山ケルンへとゆっくりと登って行きます。前を歩いている方は唐松岳日帰りの今日トップの人です。
画像

八方山ケルンに到着。アイゼンなしで登ってきたが帰りは使うようだろう。
画像

素晴らしい展望ですね。鹿島槍ヶ岳・五竜岳
画像

白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳
画像

頸城・北信の山々
画像

遠見尾根・鹿島槍ヶ岳・爺ヶ岳
画像

凄いに尽きる。爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳
画像

大黒岳・牛首・2554mピーク・丸山・唐松岳・三峰・二峰
画像
画像
画像

第二ケルン・八方ケルンが見えてきました。登りきったところが今日のゴール地点だ。
画像

トイレ付近から爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳
画像

二峰・一峰・不帰キレット・天狗ノ大下り
画像

天狗尾根(天狗ノ頭)
画像

白馬三山と小蓮華山
画像

スリル満点。不帰嶮
画像

今日、最後の登りにかかります。前を歩いている人は今日、二番目の唐松岳日帰りの方です。
画像

(ここから八方ケルン)鹿島槍ヶ岳・五竜岳と八方ケルン
画像

爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳と五竜への稜線
画像
画像
画像

八方池分岐から八方山と頸城・北信の山々
画像

分岐の展望図
画像

八方池第三ケルンが見えてきました。
丸山・不帰嶮
画像

やや左の丸山まで行きたくなりましたがグッと我慢です。
画像

唐松岳・三峰・二峰
画像

迫力満点。これだけ見れれば満足です。欲を言うと剱も見たいな~(唐松山荘まで行かないと見れませんね。)
画像
画像

9:17分 八方池(第三ケルン)折り返し点に到着。丸山まで行くともっと迫力有る五竜岳や不帰嶮が見られるのだが
鹿島槍ヶ岳・五竜岳・丸山・三峰
画像

丸山・三峰・二峰・一峰・不帰キレット・天狗の大下り
画像

手前は遠見尾根で後方には奧秩父・八ヶ岳・南アルプス・中央アルプスの山々が見える。
画像

常念岳・横通岳・餓鬼岳・爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳
画像

鹿島槍ヶ岳(望遠だと雪庇の張出も確認できますね)
画像

五竜岳
画像

丸山(単独の人が下山してきています)
画像

三峰
画像

二峰
画像

一峰と不帰キレット
画像

天狗ノ大下り
画像

天狗ノ頭(天狗尾根)
画像

白馬鑓ヶ岳
画像

杓子岳
画像

白馬岳(左に白馬山荘も見えています)
画像

小蓮華山
画像

白馬乗鞍岳
画像

鋸山・雨飾山・金山でしょうか
画像

雨飾山・金山
画像

焼山・火打山
画像

妙高山
画像

地蔵山・乙妻山・高妻山で手前には奧西山などの山々
画像

横手山・草津白根山などの山々
画像

四阿山
画像

浅間山
画像

八ヶ岳連峰と右には富士山が見えています。右手前は美ヶ原ですね。
画像

中央アルプス(経ヶ岳・木曽駒ヶ岳など)
画像

有明山・常念岳・横通岳・餓鬼岳
画像
画像
画像
画像

白馬鑓ヶ岳
画像

杓子岳
画像

白馬岳
画像

雨飾山
画像

焼山
画像

火打山
画像

妙高山
画像

乙妻、高妻山
画像

第三ケルンと高妻山・戸隠山
画像

雪に埋もれた八方池
画像

第三ケルンと不帰嶮
画像

第三ケルンと鹿島槍ヶ岳・五竜岳
画像

いつまで見ていても飽きないがそろそろ下山。もう一度頸城・北信の山々
画像

戸隠山・飯縄山と後方には苗場山・鳥甲山など上越国境の山々も見えています。
画像

目・鼻・口の八方ケルン
画像

10時近くなりスキー・スノボーを担いだ人達が登ってきます。
画像

不帰嶮を振り返りながら下りていきます。
画像

天狗ノ頭・白馬三山
画像

鹿島槍・五竜
画像

八方山ケルンでもう一度望遠で。 
五竜岳
画像

鹿島槍ヶ岳
画像
画像

五竜岳
画像

大黒岳・2554mピーク・丸山
画像

白馬鑓ヶ岳
画像

杓子岳
画像

白馬岳
画像

鋸山
画像

雨飾山
画像
画像

焼山
画像

火打山
画像

妙高山
画像

乙妻、高妻山
画像

戸隠山
画像

四阿山
画像

浅間山
画像

八ヶ岳連峰・富士山
画像

八方山三角点・ケルン・白馬三山(もう10時。時間過ぎるの早すぎる。しかし、この時間でザック背負って登って行く人が多い。荷物量からして日帰りか?。何処まで行くのか分からないが遅過ぎる。)
画像

八方池山荘・リフト乗り場と頸城・北信の山々。ここからの下りは滑り危険なため登り返しアイゼンを着けた。
画像

昨年9月お世話になった八方池山荘。何時かこの時期にお世話になるかも知れないな。
画像

遠見尾根
画像

鹿島槍ヶ岳・五竜岳
画像

最後に八方山を見上げてリフトで下山。素晴らしい天気と展望・迫力で大満足でした。下山後、夏用タイヤへ交換しに小布施へと向かう。
画像


タイヤ交換後夜までたっぷり時間があるので山田温泉へと向かい日帰り温泉。ここからは松川渓谷の滝です。ここの渓谷は紅葉の素晴らしいところでシーズンの休みは大混雑します。

八滝
画像

雷滝
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

長野県小布施町からの展望です。
 槍穂高連峰・後立山連峰
画像

大まかに針ノ木岳・爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳
画像

飯縄山
画像

飯縄山・高妻山
画像

黒姫山・焼山・火打山・妙高山
画像
画像

長野自動車道(梓川SA)からの展望です。 
 蝶ヶ岳・常念岳・横通岳
画像

燕岳・有明山・餓鬼岳
画像

蓮華岳・爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳・天狗ノ頭・白馬鑓ヶ岳・杓子岳・白馬岳・小蓮華山
画像

右奧が鉢盛山
画像

中央自動車道(諏訪SA)からの展望です。 
 高ポッチ山
画像

鉢伏山
画像

三峰山だろうか。何時かビーナスラインからここの山を通り鉢伏山をピストン予定だ。
画像

蓼科山・横岳・縞枯山・茶臼山かな?
画像

天狗岳・硫黄岳・横岳・赤岳と阿弥陀岳は重なっている・キレット・権現岳・編笠山
画像

中央自動車道(八ヶ岳PA)からの展望です。 編笠山・ノロシバ・ギボシ・権現岳・三ツ頭
画像

甲斐駒ヶ岳・鋸岳
画像

薬師岳・観音岳・地蔵岳・離山・北岳
画像

アサヨ峰・栗沢山・甲斐駒ヶ岳・鋸岳
画像

鳳凰三山・北岳・アサヨ峰・甲斐駒ヶ岳・鋸岳・日向山・鞍掛山・大岩山
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年04月15日 17:10
綺麗!
お天気に恵まれて、素晴らしい山でしたね!
2010年04月15日 20:53
soreiyu様 こんばんは

長野市にお住まいですか。ちょっと羨ましいですね。

長野は小布施に年二回ほど行っています。(弟宅)
なので時間があれば近辺の山や通り道の山を登るようにしています。

今回は、時間と体長の関係で八方池までしか行けませんでしたが、この時期にいつかは唐松岳に挑戦して剱岳をながめたいな~と思っています。

素晴らしい天気と展望に恵まれ雪山の展望を満喫出来ました。

訪問・コメント有難うございました。