長野県【入笠山】

2009年6月16日  入笠山(1955m)4回目
元会社の後輩と約2年振りの山登り。あまり歩かなくて楽しめる山がいいな~と言うので、予定日の天気予報が良くないので雨が降っても傘を差して歩けて花が楽しめる山「入笠山」に決定。
当日、4時に合流し当然、深夜割引が利用出来る時間帯で高速道路を諏訪南インターへと向かった。インター出て入笠山への林道を走っていると時々陽が差してくるが所々ガスが濃く走りにくかった。最短コースの仏平峠に着くとガスの上に出たらしくまーまーの天気だ。
コースとタイム
仏平峠6:30→入笠山6:55着8:00移→御所平峠8:30→入笠湿原8:51→仏平峠10:40→大阿原湿原11:10→湿原一週12:00 (計 5時間30分)
GPS軌跡
画像

垂直プロファイル
画像

仏平峠登山口(裏登山道)には路肩に若干の駐車スペースがある。薄日が差し天気が良くなりつつあるので先に山頂へと向かう。
画像

登山道へ入った途端にウツボグサが出迎えてくれる。
画像

そしてオオヤマフスマ
画像

サワギク
画像

カメラ片手に緩やかな道を山頂へと向かっていく後輩。
画像

20分そこそこで山頂が見えてくる。全く物足りない。
画像

山頂手前のアヤメ
画像
画像

ハクサンフウロ
画像

4回目の入笠山山頂は展望のいいところだが今日は残念だ。
画像

鋸岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈岳など雲の中だ。青空が見えているのでそのうち見えてくるだろう。
画像

山頂のレンゲツツジ
画像

南アルプスまだ見えないな~
画像

山頂のアヤメ
画像

ヤマオダマキ
画像

テガタチドリ
画像

ハクサンフウロ
画像

ウツボグサ
画像

レンゲツツジ
画像

シロバナヘビイチゴ(実)
画像

ヤマオダマキ
画像

セイヨウタンポポ
画像

ニシキウツギ
画像
画像

イワキンバイ
画像
画像

おォ~中央アルプスが見えてきた。
画像

北アルプス方面は今日は無理のようだ。
画像

ウスユキソウ
画像

ハクサンフウロ
画像

南アルプスも見えてきました。仙丈岳・鋸岳・甲斐駒もう少しですね。
画像
画像

八ヶ岳が一瞬見えました。この後ガスがどんどん増えて見えることはなかった。
画像

山頂に約一時間。周りの山々は全てガスに呑み込まれてしまった。そろそろ退け時のようだ。今度は表(岩場コース)登山道を下りていきます。岩場コース巻道もあるがつまらないのでレンゲツツジ・ハクサンフウロの咲く横を通り岩場コースを下ります。
画像

モミジイチゴ(キイチゴ)ですかね。
画像

シロバナヘビイチゴ
画像

途中からお花畑を通るがさすがにスズランの花は無いですね。御所平峠にてウツボグサ
画像

御所平峠のスズランの碑
画像
                          
アザミ
画像

御所平峠から一旦仏平峠へ戻り車で入笠湿原へ行く予定だったが時間がたっぷりあるのでこのまま湿原へと歩いて向かいます。
画像

クリンソウ
画像

山彦荘前の湿原への下り口からの入笠湿原です。どんな花たちが迎えてくれるのか楽しみだ。
画像

ヌメリスギタケモドキ(食べられる)とのことです。(後輩より)
画像

左周りで木道を歩いて行きます。
画像

クリンソウ
画像

時々ガスに覆われて良い感じになります。
画像

何があるう~ぅ。花を見つめている後輩。
画像

レンゲツツジ
画像
画像

この木々に囲まれた三角地帯がスズランの生息地です。
画像
画像
画像

ヤマオダマキ
画像
画像

入笠山方面
画像

ヤマオダマキ
画像

スズランの群生地を花が残っていないか探しながら歩いていますが実が少しあるだけです。戻る?上まで行く?
画像

群生地の最上部まで行き向かって左側(あまり陽の当たらない所)を下りていきます。なぜって遅咲きがあるかもょ。
画像

ありました。スズラン
画像

スズラン
画像
画像

花びらに少し白い所がある 
クリンソウ
画像
画像
画像

湿原を後に遊歩道を御所平峠へと向かっていくとクリンソウが沢山群生していました。
画像
画像
画像

御所平峠手前で林道に出て左へと折れ暑い林道を仏平峠の車へと戻っていきます。途中、凄く鮮やかなクリンソウがありましたがサクがありちょっと遠いですね。
画像

マタタビ(猫の好物)
画像
画像

今度は大阿原湿原散策です。
画像

レンゲツツジが沢山咲いています。
画像

緑の中にオレンジ色が鮮やかです。
画像
画像

レンゲツツジ以外花が無くて う~笑うしかないか。
画像
画像

お~クリンソウがありました。
画像
画像

登山道から離れた場所に杭と緑のロープが張られています。何の目的なのか全く分からないし理解できないですね。
画像
画像
画像

湿原最奥は沢状態になっています。釣りが主な趣味の後輩がイワナいるんじゃないなどと言いながら下流をのぞき込んでいました。
画像

そろそろ湿原散策も終わりです。
画像

湿原入口付近からテイ沢方面を振り返ります。
画像

今回はスズランの開花時期も終わっていたためか他の登山者(散策者)がそんなにいなくて静かでした。入笠山山頂では一名。入笠湿原でも一名。大阿原湿原では四名でした。ただ、車へ戻ったら3台ありましたので何人か登ってはいるのでしょう。予想以上に花々が少なかったがまたの機会に訪れることにしょう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント