ジダンゴ山・高松山『神奈川県』

2008年12月26日(金) 
丹沢山系「ジダンゴ山」758m・「高松山」801m
ジダンゴ山山頂部
画像

コースとタイム
寄(P)6:41→猪防護柵入口7:00→ジダンゴ山7:35→宮地山分岐7:54→林道7:56→ダルマ沢ノ頭8:19→林道秦野峠分岐8:31→林道秦野峠8:41→林道秦野峠分岐8:56→新秦野線29号鉄塔9:18→西ヶ尾9:39→ビリ堂分岐9:58→高松山10:01→尺里峠10:42→宮地山入口11:41→宮地山11:57→ジダンゴ山分岐12:11→猪防護柵出口12:19→寄(P)12:29
歩行距離:17.495㎞ 歩行速度:2.9㎞/h 歩行時間:5時間48分
歩行数:17.853歩
GPS軌跡データ
画像

垂直プロファイル 累積標高:(+)2.003m(-)2.026m  
画像

寄自然休養村管理センター前の駐車場から左手の中津川に架かる大寺橋を渡って進んでいきます。(駐車場は無断駐車禁止ですので必ずセンターに断ること。もし早発の場合は下山後申し出ましょう。)また、駐車場にはトイレはありません。私は朝早くてセンターがしまっていて使えなかったので裏のグランドのトイレを使わさせて頂きました。
画像

舗装された民家の間の急な道を上っていきます。車は通れないくらいの道幅になり真っ直ぐに進んでいく。
画像

息が切れ立ち止まり休憩。振り向くと雲間に太陽が昇ってきていた。
画像

そして少し進んでいくと左側にトイレが設置してありました。道路から見た目は綺麗でした。ここから先にはトイレは有りませんのでここで済ませましょう。先へ進んでいくと猪防護柵が現れました。出入り時には必ず閉めてフックをかけましょう。
画像

柵を越えると急ではないがいきなりの丸太階段の登山道になります。
画像

緩やかな道を進んでいくと麓からの林道が合流していす。また、林道歩きかなと思ったらここが終点のようです。
画像

お日様が当たり明るい緩やかな道を上っていきます。檜の良い香りがしています。
画像

檜林の中の登山道を進んでいくと前方が開けてきました。
画像

ジダンゴ山山頂には立派な祠が有りました。正面の尾根は林道秦野峠へ延びる檜岳山稜で明日予定ののコースです。
画像

檜岳山稜の伊勢沢ノ頭・檜岳(ひのきだっか)です。今日はこれから林道秦野峠へ下りて登り返してきます。
画像

檜岳・雨山・蛭ヶ岳・鬼ヶ岩ノ頭・棚沢ノ頭・鍋割山
画像

蛭ヶ岳・鬼ヶ岩ノ頭・棚沢ノ頭・鍋割山・小丸・大丸・新大日・鳥尾山・三ノ塔
画像

鍋割峠・茅ノ木棚沢ノ頭・蛭ヶ岳・鬼ヶ岩ノ頭・棚沢ノ頭・不動ノ峰
画像

大まかに鍋割山・小丸・大丸・新大日・三ノ塔・ニノ塔・大山・三角山
画像

平塚・藤沢方面と江ノ島・三浦半島&相模湾
画像

伊豆大島そして新島かな~・初島・真鶴半島
画像

神ヶ岳・箱根山・双子山で後方は伊豆半島の山々
画像

これから通過するダルマ沢ノ頭と富士山
画像

風が強く非常に寒い。体が冷え切ってしまいます。約6分 写真を撮り早々に先へ進みます。林道秦野峠方面へ向かいます。
画像

急な丸太階段を下りていきますが下から冷たい風が吹き上がってきて目出し帽が欲しいくらいです。
画像

   宮地山への分岐です。ここは真っ直ぐ前の方へと進みます。
画像

緩やかな檜林の道が林道へと続いています。
画像

右へ林道を進んでも林道秦野峠へは行けるがそれではつまらない。やっぱりここは階段を上がり登山道を進もう。
画像

階段を上がり振り向くとジダンゴ山が見送ってくれていた。左後方には三ノ塔が見えている。
画像

結構きつい登りです。でも上の方に青空が見えているのでそう長い登りでは無さそうだ。
画像

登りきり緩やかに進んでいくと展望のないダルマ沢ノ頭に着きました。八郎丸?どちらが本当の山名だろうか?。
画像

ここから下っていきますがピンクの印が沢山あります。このコースには二種類の印がありピンクの綴じ紐が登山道でもう一つのピンクのテープは測量後のテープらしいです。謝って追いかけないようにしましょう。静かな山行ですが場所によってはビュウビュウと風が吹き荒れています。
画像

この山ではこれは登山道を現す印(マーク)です。
画像

林道秦野峠への分岐のようです。
画像

明日は時間的に林道秦野峠から林道を寄へと戻ることになるだろう。0.四㎞か。ここは林道秦野峠まで下りて繋いでおこう。
画像

急でざらざらな歩きにくい坂を林道へと下っていきます。
画像

途中、鍋割山・小丸・大丸・新大日・鳥尾山・三ノ塔が見えていました。 
画像

林道へ出ました。先程の階段の所から延びてきている林道です。真っ直ぐ進んでいくと林道秦野峠です。
画像

林道秦野峠です。愛鷹山が少し見えています。
画像

おぅ~富士山も見えるのか。
画像
画像

明日ここへ下りてくる予定の林道の道標です。雨山峠での時間次第だが果たしてここまでこれるか?。
画像

秦野峠を後に先程下りてきた道を戻っていきます。
画像

明日通過してくる伊勢沢ノ頭・檜岳が見えている。
画像

分岐へ戻ってきました。ここは右へ折れて高松山へと向かいます。
画像

木々の隙間から富士山が見えます。再び風が吹き上げてきます。
画像

愛鷹山が見えます。この山はもう一度登りたい山のひとつだ。 
画像

新秦野線29号鉄塔を真下から見上げる。
画像

東からは太陽があたり西側からは時々強烈な風が吹いてくる。
画像

右手には時々富士山が見えますが雲が多いようですね。また、展望が有るところでは冷たい風が強く吹いています。
画像

ここの登りは特に風が強くとばされそうになりました。
画像

西ヶ尾手前からはジダンゴ山・棚沢ノ頭・不動ノ峰・鍋割山・小丸・大丸・塔ノ岳・新大日(尊仏山荘・書策小屋?かも見える)
画像

鳥尾山・三ノ塔・ニノ塔・大山
画像

手前の稜線は今歩いてきた山々。その後は伊勢沢ノ頭・檜岳・雨山でその後方は丹沢主稜の山々
画像

富士山
画像

西ヶ尾山頂部です。展望は有りません。
画像

高松山へ向かって進んでいきます。
画像

木の根で歩きにくい坂を登っていくが風が強くて土ホコリが舞っている。
画像

登りきるとT地路になっているが高松山方面への道標はない。秦野峠方面・山北八丁方面の道標のみだ。しかし、ここは左手へと進んでいく。こちらの方へが踏み後が濃いです。
画像

緩やかな笹道を進んでいくと
画像

動物防護策の間を進んでいくようになってきます。(この手前で若干わかりにくいところ有り。踏み後・方向ををしっかりと確認しましょう)
画像

ビリ堂からの道に合わさりました。もうすぐ山頂。
画像

分岐からは広い明るい道です。
画像

高松山山頂です。カヤとが刈られた広い山頂部。
画像

三角点と矢倉岳・金時山・愛鷹山の素晴らしい展望
画像

ちょっと残念ですね
画像

山頂からのパノラマ
画像

金時山・明神ヶ岳・箱根山
画像

少し休憩後尺里峠へと下りていきます。今日はじっとしていると直ぐに寒くなってくる。晴れてはいるが気温が低いのだろう。
画像

途中、大山が見える。
画像

三ノ塔・ニノ塔で三ノ塔の休憩小屋もはっきりと確認できる。
画像

塔ノ岳
画像

 檜林の緩やかな下り。途中から林道への道を外し尾根を尺里峠へと向かう。
画像

下りてきた尾根と観音像が祭られていた。階段を数段下りて尺里峠の林道へと下りた。
画像

尺里峠で正面が第六天へ・右後方が尺里へ・カメラ側が林道終点から高松山へ・左が寄方面でこちらへ向かっていきます。
画像

林道を少し行くと素晴らしい展望です。鳥尾山・三ノ塔・ニノ塔・大山。しかし、下に見える麓まで林道を歩くのは辛いな。
画像

ジダンゴ山・雨山・蛭ヶ岳・棚沢ノ頭・不動ノ峰・鍋割山・小丸・大丸
画像

小丸・大丸・塔ノ岳・新大日
画像

今日歩いてきた山々が見えています。ジダンゴ山・ダルマ沢ノ頭
画像

新秦野線29号鉄塔と西ヶ尾
画像

11時過ぎ麓へ下りてきた。まだ時間に余裕があるので宮地山から寄へ戻ることにしよう。宮地山入口へと向かっていきますが急な舗装された道で結構しんどいです。
画像

林道終点の宮地山入り口。やっと舗装道路から解放される。
画像

意外と広い登山道だが落ち葉が多く足下がよく分からないので用心しよう。
画像

紅葉が少しだが残っている。
画像
画像

宮地山山頂のようだ。
画像

宮地山山頂の標柱
画像

少し戻りなだらかな道をジダンゴ山方面へと向かって行く。
画像

ちょっと分かりにくいが今日歩いた山々だろう。
画像

ジダンゴ山・寄への分岐です。ここは右の寄へと下りていきます。
画像

斜面の歩きにくい道を下りていく。
画像

約8分程下っていくと動物防護策が有りました。通過後しっかりと閉めて行きます。
画像

明日のコースの櫟・鍋割山方面への道が左側に有るはずだ。中山峠付近の山々でしょうか。 
画像

民家が見えてきました。もう少しでコールです。
画像

大寺橋が見えてきました。
画像

この橋を渡りきるとコールの駐車場です。
画像

今日は天気は良かったが風が強いところがあり、各ピークでは意外と寒かった。そして、誰にも会わない静かな山行でした。まだ、12:30分です。水源管理棟の少し先に滝郷の滝が有るので見に行ってきました。
画像
そして寄に戻り明日のコースの途中にあるふれあい農園の駐車場(トイレ)有るに車を止めて遅い昼飯とビールを飲みながらのんびりと過ごした。今日の夜はここで寝て明日朝早くに昨日と同じ駐車場から歩き始める。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント