鶴峠から【奈良倉山・三頭山】

2008年7月21日 奈良倉山(1348.9m)二回目・三頭山(1531m)三回目
を歩き笹尾根(槇寄山~浅間峠間を除く)を小金沢連嶺・桂川山系・御阪山塊・富士山へと繋げました。また、この山行により浅間尾根・日ノ出山~三頭山間も繋がりました。天候は昨夜からガスで良くなかったが、峠で一泊だったのと雨ではなかったので取りあえず奈良倉山をピストン。
奈良倉山山頂(この10m先が富士山展望台)
画像

コースとタイム
鶴峠7:05→松姫峠分岐7:50→奈良倉山8:00→松姫峠分岐8:15→鶴峠8:45→向山分岐9:33→巻道分岐9:45→糠指尾根分岐10:18→御堂峠10:39→三頭山10:41→神楽入ノ峰11:15→巻道分岐11:30→鶴峠12:08
歩行距離:16.331㎞ 歩行時間:5時間11分  歩行速度:3.0㎞/h

GPS軌跡データ
画像

垂直プロファイル
スタート標高:835m 累積標高(+)1.466m(-)1.405m
画像

確かにバスは通っている。この道を数十回通っているが1回すれ違ったことがある。
鶴峠 奈良倉山登山口
画像

この登山道の右側はJTの森小菅になっている。また、ここを境に多摩川水系・相模川水系の分水嶺になっているらしい。
画像

峠から広い道を上っていきます。
画像

登山道沿いにはホタルブクロ・ヤマオダマキが多い。
オカトラノオ
画像

ホタルブクロ
画像
画像

JTの森小菅イベント広場までは良く整備された道が続いている。
画像

イベント広場への分岐を左の道へと進んでいく。
画像

ヤマオダマキ
画像

なだらかな道が続いていますがこの辺りから合羽(下のみ)を着るべきだった。
画像
画像

ススキの登山道を過ぎると檜林へと入っていく。
画像

多少勾配のあるところもあったが見覚えのある所に来た。お~ここは松姫峠からの道が合わさっているところだ。
画像

ここからは平坦な道を数分進んで行くと右へ90度曲がるはずだ。
画像

ここを直角に右へと緩やかに登っていく。10分はかからないはずだ。
画像

この笹を抜けると山頂だ。しかし、富士山は拝めないな~~~
画像

大月市秀麗富嶽十二景(奈良倉山)山頂部
画像

この真正面に富士山が見えるのだが残念だ。(想像してください)
画像
画像

フジバカマ
画像

マルバダケブキ
画像
画像

フタリシズカ
画像
画像

とっとと下山にかかる。また、秋にでも栗拾いにでも来るか?。
ヤマアジサイ
画像

左が松姫峠へ。(山頂から林道沿いに峠へも戻れますょ。)ここは右へと滑らないように下りていきます。
画像

トリアシショウマ
画像

依然としてガスが立ちこめています。
画像

ヒメジョオン
画像

オトギリソウ
画像

途中、日差しは出始めてきた。峠へと戻ってきたが9時前だ。帰るには早い。ガスが上がっていきそうなので三回目の三頭山へ行ってみることにする。反対側の三頭山登山口から登っていきます。
画像

強い日差しがでてきました。期待できそうだ。
画像

この林道は右へ。そして奥の右側の登山道へと進んでいきます。道標などはありません。
画像

緩やかに登っていくが花が見あたらないな~
画像

少しずつ傾斜が出てきました。じめじめして暑いです。
画像

少々きつい登りを過ぎると向山(オマキ平)分岐に着きました。まだ、ガスが出てきたようです。
画像

この分岐からなだらかな道が続いています。
画像
画像

しばらく進んでいくと二俣になります。右は尾根コース。左は巻道のようです。ここは巻道を進んでいこう。
画像

ガス・木々の隙間から日差しが。蒸し暑いです。
画像
画像
画像

整備後で若干汚れる緩やかな登山道もここまでだ。この分岐を右へと登っていきます。
ムロクボ尾根とドラムカン橋への糠指尾根分岐
画像

この岩帯はたいしたことありません。右よりの間を抜けていきます。
画像

ふと上を見上げると素晴らしい緑のトンネル
画像

東峰からの道が合わさる御堂峠だ。ここは左の階段を登っていくと直ぐに中央峰山頂です。
画像

山梨百名山(三頭山)山頂。ガスで残念ながら富士山・雲取山などの展望はない。
画像

ここまで誰一人と会わなかった。都民の森として整備が行きとどいている人気のエリアだけあって登山者は多い。
画像

軽い食事後今度は稜線を鶴峠へと戻っていきます。
画像

山頂を後にガスの中を下っていきます。
画像

花も殆どありません。人気も全くなくなりました。
画像

ガスの切れ間から日差しが差し込めています。
画像

時々ガスが切れて緑が冴えていますね。
画像

尾根道と巻道の分岐へ戻ってきました。この写真は三頭山方面です。
画像

今回は笹尾根(数馬~槇寄山~浅間峠~上川乗)間を歩く予定だったが道路が通行止でこのコースへと変更した。あいにくの天気でしたが奈良倉山方面は若干の花を見ることが出来た。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント