神奈川県の山【宮ヶ瀬~丹沢山】

2008年6月1日 くもり時々はれ 宮ヶ瀬(三又路)~丹沢山(1.567m)
このコースは以前から歩こうと思って暖めていたコースです。シロヤシオ・アカヤシオの見頃に逢わせて今回登ってきた。ただこの時期ヤマヒルの多いコースかな?。
コースとタイム
三又路4:24→御殿森ノ頭5:07→高畑山5:45→金冷シ6:07→本間ノ頭7:14→円山木ノ頭7:42→太礼ノ頭8:01→瀬戸沢ノ頭→ 丹沢山8:45→堂平分岐9:21→天王寺尾根分岐9:47→堂平10:35→林道本谷線ゲート(塩水橋)11:42→三又路13:24
歩行距離:27.585㎞ 歩行時間:9時間 平均歩行速度:2.9㎞/h
歩行歩数:29.685歩
大山(1.252m) 
画像

GPS軌跡
画像

垂直プロファイル  累積標高(+):2.023m(-)2.014m
画像

車を止めた路肩から三又路。ここを右へと進んでいきます。
画像

右折して4分で登山口の標識がある。ここを右へと薄暗い中を登っていきます。まだ、雫がぽたぽたと落ちてきます。登山道もぐちょびしょです。
画像

10分位登っていくと左に急な階段があり鳥居が見えるので登っていくと祠があるので拝んでいきます。
画像

なだらかな新緑の道が続いています。
画像

宮ヶ瀬湖と高取山だろうかが見えています。
画像

緩やかな道も終わり御殿森ノ頭へと登っていきます。
画像

仏果山の付近がオレンジ色に染まっていきます。もう少し見えると有難いが無理のようだ。
画像

御殿森ノ頭の石祠
画像

右端が辺室山で左の方は経ヶ岳・華厳山だろうか?。
画像

御殿森ノ頭の山火事後だ。
画像

陽も差し始めてきた。今日は後半暑くなりそうだ。再び緩やかな道が続く。
画像
画像

新緑の緩やかな登山道を新鮮な空気を吸いながら進んでいく。
画像

ギンリョウソウ
画像

多分、南山だろう。
画像

高取山・仏果山・経ヶ岳の山々だ。
画像

フタリシズカ
画像
画像

明るい杉林の緩やかな登山道が続く。
画像

高畑山への分岐だ。真っ直ぐの巻道は崩落のため通行出来ませんの立て札がある。ここは高畑山を経由してくださいとのことだ。山頂を通る予定だったのでなんの支障もない。山頂へと階段を登っていく。
画像

山頂手前にはフジが咲いていて綺麗だ。
画像

高畑山山頂の展望台だ。木々に囲まれているが展望が得られそうだ。
画像

仏果山ですね。一番最初の大山の写真はここからの物です。
画像

奥多摩方面の展望で大岳山が見えています。
画像

高畑山から巻道合流まで踏み後薄いので注意。稜線を外さないように進んでいってください。                      
三峰山
画像

虹の大橋の後方は仙洞寺山でその後方には高尾山・影信山・陣馬山などが見える。
画像

ヤマツツジ?
画像

金冷シ前後は危険な所が多い。これだけ濡れていると怖い。
画像
画像

ここも要注意箇所だ。
画像

生藤山(笹尾根)と奥多摩方面の展望です。
画像

少しずつ勾配がましてきました。いよいよ本間ノ頭への登りなのだろうか。間違いない。本間ノ頭への急勾配だ。緑が多く空気がいいのだろ。汗が流れ出てこない。汗ばむ程度だ。
画像

本間ノ頭到着だ。2時間50分位で着いた。山ヒルのいる尾根なので写真を撮る以外は足を止めずにここまで来た。ここから先は居ないだろうが用心しよう。ま~取り付かれても塩は何時も持参しているので問題ない。
画像

素晴らしい青空になってきた。緑のトンネルが続いているので暑さはそれ程感じない。
画像

アカヤシオが見られるようになってきたが、この辺りは少し落ち始めている。
画像

円山木ノ頭へと一旦下って登り直しだ。まだ濡れているので注意しながら下りていく。おぅーシロヤシオも見られるようになってきたぞ。
画像

ちょっと木が邪魔だが大山の素晴らしい展望だ。
画像
画像

いずれは歩いてみたい一ノ沢峠から西沢ノ頭を通り大山への大山北尾根の稜線だろう。
画像

三峰山が素晴らしい。
画像

右から蛭ヶ岳・鬼ヶ岩ノ頭・棚沢ノ頭で中央の笹の所は雪が降ると駆け上がる馬の雪渓が出るところだ。
画像

下りきるとなだらかな緑のトンネルが続きます。
画像

円山木ノ頭に到着です。展望は全く得られません。
画像

アセビでしょうか?。
画像

太礼ノ頭へと進んでいくがここから瀬戸沢ノ頭まではアップダウンも少ない。丹沢山も見えてきました。
画像

緑の中にアカヤシオが綺麗です。
画像

太礼ノ頭へと少し下るが湿った赤土の道だ。滑らないように注意しながら下りていきます。
画像

直ぐになだらかになり黄緑の柔らかな道を進んでいきます。
画像

アカヤシオが見頃を迎えているようです。
画像

太礼ノ頭に着きましたが展望はありません。緩やかな道を先へと進んでいきます。
画像
画像

赤・緑・青のコントラストが素晴らしい。
画像

シロヤシオが満開です。
画像
画像

シロヤシオ・アカヤシオに見とれながら歩いていた。いつの間にか瀬戸沢ノ頭を通り過ぎて丹沢山への登りに入っていた。
画像
画像
画像
画像

赤・白ヤシオが最高の見頃です。
画像
画像

堂平からの道が合流です。ここから丹沢山頂は直ぐです。帰りはこの通い慣れた道を下りていきます。ここまでは誰にも会いませんでした。
画像

左手には大山が見えています。
画像

右手には蛭ヶ岳が見えています。山頂へと向かっていくます。
画像

丹沢山(1.567m)に着きました。山頂のみやま山荘です。立て替えて綺麗になっています。また、トイレも新設されていました。本当に久々の丹沢山です。色々だいぶ変わっています。ここは蛭ヶ岳・塔ノ岳への分岐にもなっています。沢山の人が集まってきます。
画像

この木の山頂標識も以前は無かった。
画像

不動ノ峰と蛭ヶ岳方面です。残念ながら富士山は見えていません。そしてこの安全宿願塔も以前はなかったですょ。
画像

三角点と山頂の全景です。
画像
画像
画像
画像

山頂を後に堂平へと向かっていきます。このコースは何度も通っているコースである。
画像

分岐を堂平へと向かうがこの木道は何時設置したのだろう。
画像

ツツジの咲く時期にここへ来たことが無かったな~。
画像

凄いです。この緑と赤の色合い。ゴザ広げて一杯やりたいところです。
画像

大山です。何時かは左の尾根を歩いてみよう。
画像

三峰山・辺室山と後方の町並みは厚木市・相模原市方面です。
画像

高取山・仏果山・経ヶ岳で後方は相模原市内です。天気がいいと新宿・横浜のビル群などが見えますょ。
画像

先ほど通過してきた円山木ノ頭・太礼ノ頭だろうか?。
画像

このコースの最大の難所のガレ場です。以前よりは良くなっているような感じがします。
画像
画像

ガレ場の中間付近にありました。上に人がいないのを確認して撮りました。
画像

大山・三峰山・辺室山・高取山・華厳山
画像

ガレ場を過ぎ緑のトンネルへと入り天王寺尾根分岐へと進んでいく。
画像

天王寺尾根分岐は堂平へと向かう。どちらを下りても塩水橋へ出ます。が、天王寺尾根は山ヒルが多い。もうそろそろ出始める時期ですよね。
画像

ここから先はブナが多いところです。
画像

黄緑色の真新しい葉っぱが活き活きしていています。
画像
画像

堂平のブナ林で新鮮な空気を沢山吸い込んで高度を下げていくと堰堤に出る。この付近にはジジバリでしようか沢山咲いていました。
画像
画像

塩水林道終点に降り立ちました。以前はここまで車で入れたのだが、現在は塩水橋にゲートが出来て通れない。ここからが一番嫌な歩きになる。コンクリート・アスファルトの日差しが照りつける中の道を3時間強三又路へと戻っていく。辛いな~~。ここまでにすれ違った人は10人位でした。 
国土交通局堂平雨量通信局
画像

林道沿いの花々を見ながらのんびりと戻っていく。
画像
画像
画像

ハンショウヅル
画像
画像
画像
画像
画像

林道本谷線・塩水林道のゲートです。付近には沢山の車が止まっていたが三分の2は釣りでしょう。
画像

塩水橋を渡り宮ヶ瀬へと戻っていくが日曜日の好天で行き交う車・バイク・自転車が多い。そして狭い林道を勢いよく走り去っていきます。こちらが注意して歩かないと轢かれてしまいそうです。
画像

ヘビイチゴ
画像

青宇治橋には高畑山への登山口があるようだがヤマヒル注意の表示があったです。
画像
画像
画像

県道70号線から高畑山?だろうか。
画像
画像
画像

ニガナでしょうか?
画像

まだまだゴールは遠いな~。足の裏が痛くなってきたぞ。
画像
画像
画像

やっと宮ヶ瀬霊園先のトンネルが見えてきた。あと20分位だが足の裏が限界に近づいてきている。
画像

どうにか登山口まで戻ってきた。あと4分だ。こんな長い時間舗装された道路を歩いたのは初めてだ。次回からはクッションのいい運動靴を持参しよう。
画像

左へ折れて直ぐの所に車がある。あ~~~疲れた。靴の裏だいぶすり減っただろうな。
画像
明日の予定は鍋割山で10時間のコースだったが、舗装道路の長歩きだったので変更して奥多摩の笹尾根へ向かったが道路が6日の雨で崩れて通行止めになっていた。仕方ない。またまた変更だ。ブナ林の道で新緑が楽しめる牛ノ寝通りを松姫峠から歩こう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

よぼ爺
2008年06月09日 11:25
このルート知って居る道だけに、やまやさんの体力には驚嘆の他有りません、しかも車道まで歩かれて。
翌7日に、私も、塩水ーキューハ道-天王寺尾根-丹沢山ー堂平-塩水、行って来ましたが、下りの舗装した林道歩きで、今日は腰の間接が痛いです、体力の差をつくずく感じます、6日の方がお天気良かった様ですね、7日は一日中ガスってました。
2008年06月09日 16:57
よぼ爺様 こんにちは

今回のこのコースは以前(堂平まで車が入れた頃)から歩いてみたいコースでした。展望が余りないコースでしたが新緑・赤、白ヤシオが素晴らしかったです。
堂平から宮ヶ瀬までの約3時間の舗装道路さすがに参りました。
7日塩水橋から歩かれたんですね。(お疲れさま)そうですか丹沢はガスっていたんですか。
7日は小金沢連嶺の牛ノ寝通りを歩いていました。こちらは曇ってはいたが近辺の山々は見えていました。なんと言ってもブナなどの新緑の緑のトンネルが最高でした。そして昨日の疲れた足には柔らかい登山道で助かりました。
訪問・コメント有り難うございました。