御殿山『千葉県』 

2007年11月18日  御殿山(364m)
コースとタイム
登山口11:57→東星田分岐12:12→御殿山12:17→東星田分岐12:33→登山口14:47 (計 50分)

富山登山口から258・88・89号線を走り山田バス停前を右折して林道に入り登山口(P)に車を止めた。ここからだと往復約1時間だ。カメラと飲み物だけ持ち歩き始める。
画像

地滑り復旧工事中の道を進んでいく。今日は日曜日なので工事は休みのようだ。急でスベリなかなか前へ進めないのでブル道をジグザグに登っていく。地滑りてっぺんまで進んだが工事で登山道は消えていて方向を見失った。仕方ないので高照禅寺からのコースで登ろうと引き返していると工事中の端に登山道の杭と鎖が土や木々の中に埋もれているのが有った。奥を覗くと登山道が続いていたので潜り込んで登山道へと入進んでいく。
画像

東星田分岐に着くとこのコースは地滑り工事で通行止めの看板。(ふざけるなと思いませんか)私が車を止めた登山口道標の所には何の表示も有りませんでした。帰りに県道入口でも確認しましたが何の表示もなかったです。この登山道は現在工事中で通れませんの表示を林道入口に表示してほしい物です。
画像

分岐を左へと進んでいく。
画像
画像

分岐から直ぐに展望の良いところがあり伊予ヶ岳・富山が素晴らしい。
画像

そして千葉県最高峰の愛宕山も見えてる。
画像
画像

かなりの急登だ。ここを登りきると山頂だろう。右から回り込んで山頂へ行けるようだがここを登っていく。
画像

12:20分 山頂。山頂には沢山の登山者が休憩しながら展望を楽しんでいる。山魔から見ると乳首に見えるマテバシイ・スダジイの大木がある山頂部。
画像

山頂の石祠
画像

富山・津辺野山。この2山の中間に富士山が見えるはずだが残念ながら今日は見えない。
画像

富山・津辺野山・伊予ヶ岳・鋸山・嵯峨山
画像

大山不動尊方面の展望
画像

宝篋塔山・金比羅山・立石
画像

館山方面
画像
画像

山頂を後に先ほどの急坂を下りていく。東星田分岐を右へと向かい地滑り跡の急な下りを慎重に下りて車に戻った。50分の行程だったが最初迷わなければ40分足らずの行程であり素晴らしい展望が得られる山だ。
画像

県道89号線からの伊予ヶ岳
画像

元名砂浜は強風の為砂浜が砂丘みたいになっていた。
画像
画像
画像

元名海水浴場からの鋸山
画像
今日はここの海岸でのんびりする予定だったが、車が揺れるほどの強風で居られない。明日の登山口日本寺近くの山の中の林道へ移動した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント