河口湖五合目から精進口登山道三合目『山梨県』

今回、2007年10月29日~31日は一月に断念した精進口登山道(精進湖~河口湖五合目)と周辺のピークハントした山々を繋いできた。
初日(29日)は朝仕事を終えて帰宅後、河口湖五合目へ向けて相模湖インターから河口湖インターへ。
高速道上からの富士山(都留市付近)
画像

河口湖インターを下りて近くのスーパーで二日分の食料を仕入れ富士スバルライン(往復2000円)に入り五合目へと向かった。昔のスバルライン料金所からの富士山(現在は一合目付近にある)
画像

紅葉のスバルラインを料金所へと進んでいく。
画像

料金所を通り進んでいくと木々がだんだん鮮やかに色づいている。
画像

富士スバルライン二合目
画像

三合目手前の樹海台駐車場から河口湖・三ツ峠山・御阪山・御阪黒岳と後方は小金沢連嶺・奥秩父の山々だろう。
画像

四合目手前の大沢駐車場からの富士山
画像

御庭を過ぎるとスバルライン緩やかになりももうすぐゴールだ。(御庭付近)
画像
画像

13:50分 写真を撮りながら1時間弱河口湖五合目の駐車場に着いた。8年ぶり。駐車場はがらがらだ。車を止め付近を散策。ここは日本の山? と錯覚してしまうほど日本語の会話が殆ど聞こえない。
画像

お中道入り口からの五合目。
画像

富士山(河口湖口)五合目の標柱。この切り取りに15分位待っただろうか。
画像

標柱から山頂を仰ぎ見る。雪は六合目付近から付いているようだ。
画像

小御嶽神社入り口
画像
画像
画像

小御嶽神社からの富士山。建物が無ければ好きなアングルなんだが。
画像

神社の展望塔から杓子山・鹿留山・御正体山・石割山・山中湖・高指山・鉄砲木ノ頭で後方には道志・桂川山系の山々。そして丹沢山系は雲で見えないが大室山は見えている。
画像

駐車場付近の紅葉が見頃のようだ。
画像
画像
画像
画像

手前から紅葉台・足和田山・御阪山塊の王岳・鬼ヶ岳・節刀ヶ岳・十二ヶ岳とその後方には茅ヶ岳・曲岳・帯那山・小楢山・乾徳山・金峰山・国師岳など素晴らしい展望だ。
画像

大室山・王岳・三方分山・パノラマ台・蛾ヶ岳・鳳凰三山・櫛形山などの山々
画像

毛無山・雨ヶ岳・竜ヶ岳と本栖湖と富士見山・源氏山で後方の雲の帯が南アルプス
画像

毛無山
画像

五合目駐車場。冷たい西風が強く寒い。
画像
画像

河口湖と御阪黒岳で後方には甲武信岳・破風山・笠取山・飛竜山・雲取山など奥秩父の山々が見える。
画像

16:00分 五合目の駐車場から静かな場所へ移動し紅葉を楽しみながら遅めの昼飯と晩飯をのみながらゆっくりととった。
画像
画像

足和田山と御阪山塊の山々
画像
画像

太陽が17:00分ころ毛無山付近へと沈んでいった。
画像


2007年10月30日 
富士山【河口湖口五合目~精進口登山道三合目】周回
昨日の夜はこの時期の五合目にしては寒くなかった。車のフロントガラスなど曇りはしたが凍り付くことはなかった。
朝、日の出前に起きたがご来光は見に行かず車でのんびりコーヒータイム。なぜ。時間的に来るはずのない観光バス(富士急)がきて大勢の人が展望塔へ行ったのでやめました。特別に料金所ケートを開けたんですかね~。日の出後の五合目と富士山 今日も天気は良さそうだ。
画像

毛無山・長者ヶ岳・七面山・八紘嶺・山伏・笊ヶ岳・赤石岳・聖岳・上河内岳・茶臼岳・仁田岳・光岳と黒法師岳だろうか。
画像

毛無山・雨ヶ岳・竜ヶ岳・本栖湖・富士見山と影富士が荒川岳へと延びている。赤石岳・荒川岳・塩見岳・農鳥岳・間ノ岳で北岳・鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳・八ヶ岳などの大展望だ。
画像

足和田山・鬼ヶ岳・十二ヶ岳・節刀ヶ岳・釈迦ヶ岳・金峰山・北奥千丈岳・甲武信岳・破風山などの山々。
画像

バス駐車場付近の紅葉
画像

お中道入口からの御阪山塊・八ヶ岳・奥秩父の山々
画像

6:20分 五合目駐車場から三合目へお中道を歩き始める。
画像
画像
画像

お中道から大室山・本栖湖・精進湖・竜ヶ岳・中ノ倉・パノラマ台・蛾ヶ岳・三方分山・農鳥岳・間ノ岳・北岳・鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳など素晴らしい。
画像

石畳のしかれた登山道を奥庭へと進んでいく。
画像
画像

この先どんな展望があるのか楽しみだ。
画像

お中道から山頂も見上げる。なんかここから真っ直ぐに登って行けそうでもむりです。かなり前になるが登山道以外を歩いてみたことがあるが火山礫でズルズル殆ど上へ進めなかった。
画像

見えて当たり前だが素晴らしい展望だ。
画像
画像
画像

影富士が毛無山に延びている。少しずつ右に寄っていき元旦前後には竜ヶ岳へと移りダイヤモンド富士が見られる。
画像
画像
画像

青木ヶ原樹海・三方分山・王岳・茅ヶ岳・八ヶ岳
画像

足和田山 この裏に西湖がある。今日時間があったらこの山から西湖(十二ヶ岳登山口)根場まで歩いて繋ごう。御阪山塊・奥秩父の山々
画像

展望のない平らな登山道を進むが紅葉であきない。
画像
画像
画像
画像
画像

この先またまた展望が開け足が止まるだろうな~
画像
画像

富士山らしき登山道になってきた。(石畳はいらないよな)
画像
画像

御庭付近からの南アルプス
画像

御阪山塊・八ヶ岳・奥秩父の山々
画像

御阪山塊・三ツ峠山・滝子山・小金沢連嶺・奥秩父・奥多摩の山々
画像

寄生火山 この付近は多いようだ。富士山は大小100個以上あるらしい。
画像

朝霧高原・天子山系・南アルプスの山々
画像

お中道からの奥庭
画像

いやだ。このコンクリートの階段どこまで続いているのだろう。仕方ない下りていくか。
画像

木々に覆われて暗い道を奥庭入口へと下りていく。
画像

スバルラインを横切り奥庭へと進んでいく。
画像

奥庭・精進口登山道への分岐。時間があるので左へ奥庭の散策
画像

奥庭の天狗岩
画像
画像

奥庭からの富士山 ここまで誰一人会わなかったがここで一人スケッチしている人がいた。
画像

天子山系・安倍山系・南アルプスと深南部の山々
画像

竜ヶ岳・本栖湖・蛾ヶ岳・農鳥岳・間ノ岳・北岳・甲斐駒ヶ岳・鳳凰三山の山々だ。
画像

毛無山・雨ヶ岳・笊ヶ岳・上河内岳・聖岳・大沢岳・赤石岳・荒川岳と板屋岳・大日影山だろう。
画像

天子・安倍山系と南アルプス深南部の山々で中央付近に大無間山・前黒法師岳・黒法師岳などの山々かな~
画像

奥庭と富士山
画像

奥庭から三合目へと下りていく。
画像

5分ほど進んでいくと庭園みたいな素晴らしいところがあった。
画像

太陽も当たるようになり暑い。
画像

ふわふわして気持ちよさそうだ。
画像

陽があたり明るい原生林の登山道を下りていく。
画像

倒木の激しいところだ。
画像
画像

登山道を外すと本当に戻れなくなるような所が多々あり慎重に見分けて進んでいく。
画像

本来の道は右側だがペンキ印が左に付いている。左へ行くと原生林踏み後もあるが違う。真ん中を真っ直ぐと進んでいくと本来の道に合流した。ここは要注意の場所だ。
画像

そろそろ三合目の広場の精進口登山道に合流するはずだ。
画像

8:10分 三合目広場に着いた。10ヶ月ぶりで懐かしい。雪があると無いではだいぶ感じが違う。
画像

紅葉も予想していた通りでまーまーだ。
画像
画像

記念碑
画像
画像
画像

全く登山者は居ない。奥庭で一人のみだった。ここからもなお居ないだろう。10分 休憩後昔の林道らしき精進口登山道を五合目へと登り返しだ。
画像

展望のない礫ごろごろした広い登山道だが紅葉に陽が当たり素晴らしい黄金色をしている。
画像
画像

登山道は急登はなくなだらかに登っていく。それにしても暑い。半袖で良いくらいだ。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

木々が低くなってきた。だんだん五合目に近づいているな。
画像
画像
画像
画像
画像

なんと素晴らしい色あいだろうか。
画像
画像
画像

花が終わったシャクナゲ
画像

>紅葉のトンネル</div
画像
画像

やっと展望のあるところに出た。金峰山・朝日岳・北奥千丈岳・甲武信岳・破風山
画像

八ヶ岳素晴らしい
画像

鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳・北岳・間ノ岳・農鳥岳・塩見岳・荒川岳
画像

そろそろ五合目のようだ。車の音や放送などが聞こえだした。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

9:35分 素晴らしい紅葉のトンネルを抜けると五合目の駐車場に着いた。
画像

五合目は観光者で賑わっている。中国・韓国からのツワーなのだろ。車が通ろうがおかまいなしで道路を歩いている。困ったもんだ。ところで日本人どこいるの?てな感じでした。
足早に五合目を後に足和田山紅葉台の展望台(P)へと向かう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント