中央アルプス【木曽駒ヶ岳・宝剣岳】

2007年7月30日~31日
 百名山(74)、標高ベスト(25)木曽駒ヶ岳2956m・宝剣岳2931m

30日 →  三回目の木曽駒ヶ岳に小屋泊まりで会社の後輩と年に一回の山行
今年はコマクサを見たいと言う。そこでロープウェイ等で標高を稼げて他の花々も沢山ある木曽駒ヶ岳に決定。小屋泊まりでのんびりと観賞山行。AM2時に自宅をでて後輩宅により相模湖インターへ。そして駒ヶ根高原駐車場に5:30分ごろ着き一番バスを待つ。山頂方面にはガスがかかりだした。バスを待っている間に雨が降ってきたがバスでしらび平へ。途中からもの凄い雷雨になりロープウェイは運航を見合わせているとのこと。しらび平に着くと何時運航再開するか分からないとの説明があり殆どの人たちは帰って行った。結局、しらび平駅で3時間待ちの9時に運行が再開され千畳敷へと登っていく。
画像

ロープウェイを降り千畳敷に出ると宝剣岳・伊那前岳・乗越浄土はガスの中
画像

千畳敷の信州駒ヶ岳神社に道中安全をお願いしてのんびりと写真を撮りながら乗越へと向かっていく。
画像
画像
画像
画像
画像

雪渓横断があったが問題ない。
画像
画像
画像

千畳敷から駒ヶ根市方面。残念ながら南アルプスは見えていない。
画像

雪解けの後にショウジョウバカマが見られる。
画像
画像

千畳敷カールのお花畑には花々が咲き乱れている。
画像
画像
画像

乗越浄土への急登をジグザグに登っていくが両端の花々を見ながらか苦にならない。
画像
画像

整備されてはいるが落石には注意が必要だ。依然として乗越はガスに包まれている。
画像

落石に注意し花々の写真を撮りながら登っていく。
画像
画像
画像
画像
画像

乗越浄土に着くがガスで視界は50m位だろうか。宝剣山荘が見えていない。
農ヶ池~将棊頭山~駒ヶ岳~頂上山荘の予定だが山荘に寄り農ヶ池への状況を聞くと、まだ雪渓が残っているらしい。相棒が初心者でアイゼンも無いことと3時間のロスもあったので中岳経由で駒ヶ岳山頂をのんびりと往復に変更した。
画像
画像
画像
画像
画像
画像

頂上山荘を過ぎ登っていくとコマクサが見えだした。しかし、ここ(駒ヶ岳付近)のコマクサは営林署・フアンの一個人が植え付けたもので自然のものでは無いらしい。
画像
画像
画像
画像
画像

私には犬の顔に見えました。
画像
画像

三回目の木曽駒ヶ岳山頂に到着。駒ヶ岳神社
画像

木曽駒ヶ岳山頂部。当然誰もいません。
画像
画像

駒ヶ岳山頂付近から頂上山荘と中岳。右側の中岳の巻き道を進んでいきます。花はたくさん咲いていましたが右側が切れ落ちているところがあり注意しながら進んでいく。
画像
画像

巻き道から中岳を見上げると凄い迫力がありました。
画像
14時に宝剣山荘に戻った。外での~んびりしたかったが展望もなく寒いので小屋の中のストーブの前でのんびり過ごした。

31日 はれ
今日は四回目宝剣岳(2.931m)を通り千畳敷へと下りる。 
4時に起きて小屋の窓から外を見ると東の空が明るくなってきていた。ご来光を見にカメラだけ持ち伊那前岳へと向かう。振り返ると宝剣岳の上に月が見える。
画像

ホテル千畳敷と檜尾尾根。後方には超ロングコースの池山尾根が見えている。10年前、縦走時に空木岳からの下山に歩いたが若干バテ気味だったのか二度と歩きたくないコースの一つになっている。
画像
画像

焼けて来たが長袖一枚で来たのでかなり寒い。失敗だ。
画像
画像

やっと太陽のお出ましだ。雲が多く大分遅れたが素晴らしい。
画像
画像

宝剣岳付近には再びガスがかかりだしたが今日、天気は良くなりそうだ。
画像

山荘へ戻る途中、農ヶ池への雪渓を見たが問題なさそうに見えた。
画像

和合山から千畳敷カールとホテル。ガスは少しずつではあるが薄くなっていく。
画像

6時頃完全にガスが消えて青空が広がった。宝剣岳へ。
小屋前からの宝剣岳
画像

宝剣岳・天狗岩・三ノ沢岳が素晴らしい。
画像

天狗岩
画像
画像

今日のハイライト宝剣岳の危険地帯へ突入である。私は四回目の通過になる。相棒を先行させる。途中から日の出山行(空に荷)の人たちが下りてくる。尻が竦んでいるので避けてやり過ごしすれ違いには十分注意だね。
画像

宝剣岳山頂に着くと素晴らしい展望である。右手前が三ノ沢岳への分岐点である遭難の碑で中央付近に極楽平があり千畳敷への下り口である。その先のピークが島田娘・檜尾岳・大滝山・熊沢岳と続き東沢岳から木曽殿越と急降下である。そして空木岳・南駒ヶ岳・仙涯嶺・越百山・安平路山と縦走路が続いている。残念ながら南越百山~安平路山間は未踏であるがいずれは歩くだろう。
画像

03年に登った三ノ沢岳。山頂からの素晴らしかった展望思い出すな~
画像

木曽前岳と雲海に浮かぶ御嶽山。97/10/5の山頂は雪で展望がなかった。この山もリベンジだ。
画像

木曽駒ヶ岳の左後方は乗鞍岳で右後方は槍穂高連峰
画像
画像
画像
画像

宝剣岳からの下り口を見上げる。
画像
画像

まだまだ三ノ沢岳分岐まで危険地帯の通過が続く。
画像

再び宝剣岳を見上げる。
画像
画像

垂直の鎖場通過後宝剣岳を見上げると団体さんが下りてくるのが見えている。
画像

通過後の垂直の岩壁
画像
画像
画像
画像
画像

無事通過し三ノ沢岳分岐に到着。ここから千畳敷へは全く問題ない花観賞をじっくりできる。
分岐からの御嶽山
画像

玉ノ窪小屋と木曽前岳の後方に乗鞍岳
画像

中岳と木曽駒ヶ岳
画像

宝剣岳・中岳・木曽駒ヶ岳・乗鞍岳
画像

鋸岳・甲斐駒ヶ岳・アサヨ峰・仙丈岳
画像

仙丈岳・北岳・間ノ岳・農鳥岳
画像

北岳・間ノ岳・農鳥岳・富士山・塩見岳
画像

塩見岳・荒川岳・赤石岳だろうか
画像

荒川岳・赤石岳・聖岳だろうか
画像

昨日の天気からは想像もつかなかった素晴らしい天気・展望だ。
画像

中央アルプス縦走路のπ岳・摺古木山と恵那山も顔を出してくれた。
画像

雲海に浮かぶ南アルプス
画像
画像
画像
画像
画像
画像

七曲(島田娘)付近には株は数株しか無かったがコマクサが生息していた。ここのコマクサも植え付けした物なのだろうか?。
画像
画像

七曲付近からの宝剣岳・中岳・木曽駒ヶ岳
画像

木曽前岳・乗鞍岳
画像

御嶽山(赤茶げた山頂部やっぱり生きている山なんですね)
画像

三ノ沢岳
画像
画像

七曲からの濁沢大峰・檜尾岳・大滝山・熊沢岳・東川岳・空木岳・南駒ヶ岳と後方は縦走路の安平路山・摺古木山だろうか?。
画像


七曲から檜尾尾根と池山尾根。そして左手前は奥茶臼山でその後方に上河内岳・茶臼山・光岳と続き池口岳・大無間山など深南部の山々が見えている。
画像

大まかに左から荒川岳・赤石岳・聖岳・奥茶臼山
画像

右から赤石岳・荒川岳・塩見岳・富士山で手前の山は双子山だろうか。
画像

塩見岳・富士山・農鳥岳・間ノ岳
画像

富士山・農鳥岳・間ノ岳・北岳・仙丈岳
画像

北岳・仙丈岳・アサヨ峰・栗沢山・甲斐駒ヶ岳・鋸岳
画像

編笠山・権現岳・赤岳などの八ヶ岳連峰
画像
画像
画像
画像
画像

ここからの花々は極楽平~千畳敷駅までの登山道に咲いていました。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ここからは千畳敷カールのお花畑です。
画像
画像

千畳敷からの南アルプスと富士山
画像
画像
画像
画像
画像

現在は荒れ放題で通行不可能らしい しらび平への下り口付近から仙丈岳・甲斐駒ヶ岳とコバイケイソウ
画像
画像

今年はコバイケイソウの当たり年なのだろうか。
画像
画像
画像

シナノギンバイの大群落素晴らしい。案内の人の話だと今年は異常な位の開花らしい。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

駒ヶ根ロープウェイ千畳敷駅(2.612m)いよいよ下界へと下りていく。この天気だと相当暑そうだ。
画像

画像

ロープウェイ上から中御所谷の滝群が素晴らしい。できれば歩いて行きたいがヒグラシノ滝から先は無理なようである。

画像
画像
画像

10:40分しらび平に着くとロープウェイの順番待ちの人達でもの凄い混雑ぶりだ。帰るには早いので付近の散策路を歩いて見ることにした。
画像

黄花のホトトギス初めて見た。ヒグラシの滝への遊歩道には沢山咲いていました。
画像
画像
画像
画像

ヒグラシの滝素晴らしい。ここから千畳敷へ登山道があるはずなんだが道が消えてしまった。やっぱり廃道可している。聞いた話だが駒ヶ根市ではこのルートの整備をやめたそうである。理由としては、殆どの人達がロープウェイでの登下でこのルートは使用されていない為らしい。ただこのことが本当かは定かでない。
画像
画像

ヒグラシの滝周辺の花々
画像
画像
画像
画像
画像

ここからは遊歩道の花々です。
画像
画像
画像
画像
初日は雷雨でロープウェイの運行見合わせで3時間待ちではあった。取りあえず運行が再開されほっとした。ガスの中の行動だったが雨は降らなかった。予定の農ヶ池と将某頭山に行けなかったのは残念だった。今度、桂小場から挑戦だ。
二日目は最高の天気で登山者・観光者が少なくのんびりと花など見れた。後輩も大満足で言うことなしと言ってくれたのでこの山に決めて良かった。ただ、コマクサはちょっと残念だった。次回は植え付けではなく自然のコマクサを見せてあげたいな~蓮華岳の超大群落と白花のコマクサ(多分ここの群生を見たら絶対に・・・・・・・・・・)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

プカプカ
2007年09月21日 01:34
お花がいっぱいです。いっぱいですよぉお花まみれですよぉ
やっぱりこの季節がいいですね~秋の紅葉の頃に挑戦しようか悩むところですが…(もちろん両方楽しみたいけど)
カールの晴れた写真がものすごーいですね。やっぱり夏にこれを見たい!

コバイケイソウの群生も見たいなぁ…以前はこの花には普通の「花っぽさ」がないので何がそんなにいいんだろう?みんなよくこの名前を口にするけど…なんて思ってたっけなぁ。今じゃ私もその一人…
やまや
2007年09月21日 18:29
ぷかぷか様 こんばんは

そうなんですよぉ 今回は何よりも花花山行。ブログも花まみれになっちゃいました。ちょっぴり展望もありますけど。

ぷかぷかさん是非、秋の紅葉時期に挑戦して~。アップして~。
私も今度は紅葉時期にと思っていますが今年は?。

ぷかぷかさんも「花っぽさ」がないので何がそんなにいいんだろう?でしたか。私も最初見たときは何だこれでしたです。
コバイケイソウなんですけど何年かおき(確か3年おきだったかな?)に大開花するようです。この山行の4日前の白山・別山も凄かったですコバイケイソウ(今年が当たり年なのかも)。

訪問・コメント有り難うございました。