三瓶山 『島根県』 

2007年5月9日 二百名山(189)三瓶山1.126m  単独 日帰り

8日吾妻山下山後三瓶温泉に入り三瓶高原定めノ松駐車場に13時に到着。
画像
昼飯を作ろうと思ったが駐車場内は火気使用禁止の看板。仕方ないので片腕ノ松付近の広めの路肩に車を止めてここでノンビリすることにする。多分、この付近も火気使用禁止なんだろうけど禁止の看板が無いので使わさせて貰うことにする。ラーメンにキムチをたっぷり入れビールを飲みながら食べる。天気も良くすがすがしい風が吹いている。ちょーうまい。ござを広げ明日登る三瓶山を見ながら昼寝タイムとしゃれ込む。横になるが天気が良すぎて眠れない。
浮布池と三瓶山
画像

ぴーちくぱーちくもひっきりなしに飛び上がり鳴いている。近くに着地してぴーちくぱーちく。すると低空飛行で一羽やって来た。こんな近くでヒバリが見れるとはラッキー。花を捜しながら高原をノンビリ歩き時間をつぶす。山菜を採っている人も意外と多い。
画像
画像
画像
画像
画像

レンリソウ?
画像
画像
画像
画像

西の原登山口の指導標
画像

やっぱりGW後の平日だ。駐車車両は少ない。西の原登山口の駐車場
画像

駐車場のつつじ
画像

9日  
昨日、ノンビリ出来たのですっかり疲れも取れ朝4時前に目が覚めた。駐車車両は昨日登った夫婦の車を含めて3台である。一台はこれから登るのか朝食を撮っている。準備しながら明るくなるのも待ち5時に歩き始める。当然、先行者はいない。
定めノ松駐車場の様子
画像

平坦な牧草帯を扇谷コースとの分岐へと歩いていく。
画像

分岐指導標を左へと登っていく。
画像

チゴユリも元気よく気を付けてねと見送ってくれる。
画像

それほどきつくない登りをじぐざぐに登っていく。木々が低くなり明るい登山道となってきた。
画像

展望も開けてきたが少しずつ歩きにくくなってくる。
画像
画像

だんだんと石混じりの急勾配となってきた。
画像

岩だらけの登山道となり注意しながら登っていく。
画像

風が強くなってきて多少寒い。
画像
画像

危険地帯を乗り切ると草原状になり男三瓶山頂部が見えてきた。
画像

エンザンスミレ?
画像

山頂に到着。風が強く若干寒い。ここも山頂は貸し切りだ。山頂から北側の展望。残念ながら春霞で出雲砂質海岸・島根半島などは見えない。
画像

男三瓶山山頂部
画像

山頂から室の内の噴火口と室内ノ池。後方は太平山・孫三瓶山
画像

三瓶山頂小屋
画像
画像
画像

山頂を後に女三瓶山へと下りていく。
画像

ユートピア付近を慎重に通過。ふり返る。
画像

依然として気の抜けない下りが続く。
画像

兜山手前にはつつじが咲いていた。
画像

兜山に到着。
画像

まだまだ気の抜けない下りを下り女三瓶山への登りになる。
画像
画像
画像

女三瓶山山頂です。しかし、山頂は無惨にも電波塔に占領している。
画像

女三瓶山から男三瓶山と登山道
画像
画像

女三瓶山から室ノ内池と孫三瓶山・子三瓶山。まだまだ先は長い。
画像

回りの山々は霞んで山座同定できない。石敷き詰めてある登山道を展望所へと下りていく。途中で東ノ原を見下ろす。
画像                        

展望所付近は東ノ原からリフトで登ってこれるので観光者も多いらしく良く整備されている。
展望所から孫三瓶山・子三瓶山
画像

展望所手前の指導標
画像

今回は室ノ内池は予定には入れていないので指導標を後に太平山へ向かう。
画像

指導標から3分足らずで太平山に着く。
画像

太平山から女三瓶山をふり返る。
画像

太平山からの男三瓶山
画像

孫三瓶山・子三瓶山。まだ、結構アップダウンを繰り返すようだ。
画像
画像

太平山からなだらかな登山道を進んでいくと奥ノ湯峠に着き室ノ内池からの登山道が合流。いよいよ孫三瓶山への登りにかかる。10分位で山頂到着したが急登でした。
画像

孫三瓶山山頂部と男三瓶山
画像

山頂から子三瓶山。一旦下り登り返しである。
画像

意外とどっしりとした山容である。左の稜線を登った。急登の様子がよく分かる。
画像

最後の山 子三瓶山へ向かって急降下。だいぶ下まで下りていくようだ。
画像

温泉からの登山道と室ノ内池からの登山道が交わる風越の十字路に着く。
画像

さ~ 最後の急登である。
画像

暑いし歩きにくい。ゆっくりと登っていく。
画像

途中で一息入れて室ノ内池を眺める。
画像

最後のピーク 子三瓶山に着いた。
画像

山頂から西の原と浮布池。駐車場はガラガラのようだ。
画像

子三瓶山から男三瓶山を見上げると峠へ下りてくる人が見える。また、温泉からの登山者らしい人が孫三瓶の山頂に見える。
画像

男三瓶山から女三瓶山への稜線
画像
画像

峠への下りにかかる。
画像
画像

階段状の急登を下りて峠に着く。ここは西の原から扇谷コース・男三瓶山からのコース・子三瓶からのコース・室ノ内池からのコースが交わる十字路である。いよいよフィナーレに近づいてきた。扇谷を下りていく。
画像

扇谷を下山中、堰堤付近を5人の小父さん達が登っていった。
画像

分岐の休憩小屋に着いた。あともう一息だ。
画像
画像
画像

放牧地の中に咲いていたつつじ
画像

三瓶山を縦走し9:30分前に無事駐車場に戻ってきた。他の登山者は私と同じコースを後方に歩いている人がいたが展望所付近から見かけなくなった。三瓶山はそこそこに手応えのある山で満足できた。そして何よりも静か~な山歩きが出来た。

さて 今回GWの最後の山へ向かうが途中滝百選(八重滝群)に寄り道した。もある駐車場に着くと20台位の車が止まっている。見学者が多いな~と思いながら歩いていく。
滝尻滝
画像
画像
画像

紅葉滝
画像

河鹿滝
画像
画像

姥滝
画像

姫滝
画像

八塩滝
画像
画像

アズマイチゲ
画像

あの駐車車はスケッチを楽しんでいる高年の人たちの車らしい。滝見学は私とひと組の夫婦のみでした。
猿飛滝
画像

そして八塩滝を後にもう一つ通り道に滝百選(常清滝)があるので寄り道した。も有り良く整備されている駐車場に車を止めて進んでいくとまむしに注意の看板がある。
滝壺からの常清滝
画像

展望塔からの常清滝
画像
画像
画像
画像

ここでも4人二組の夫婦が滝を見に来ていた。
画像
画像
画像
画像

滝はいつ見ても素晴らしい。そしてマイナスイオン う~ん・・・・・落ち着くな~ 常清滝を後に今回最後の山(那岐山)へと向かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント