やまや

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹沢山系【丹沢山1.567m】小屋泊山行2/4

<<   作成日時 : 2018/02/15 16:20   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年2月13日(火)〜2月14日(水)

(一日目)2/4
2月13日(火)はれ 塩水橋から天王寺尾根経由【丹沢山1.567m】

天王寺尾根から歩くのはかなり久々で雪の登山道を歩くのは初めてだ。堂平コースに比べて距離は1qほど短いが結構なアルバイトだ。私的には下りに使った方が良いように思える。
天王寺尾根線/堂平線分岐に到着。約3.5hかかってる。みやま山荘まで残す1hだね。
画像

ガレ・岩のクサリ場へ緩やかに登って行く。
画像

丹沢山(左)を見上げる。あと少し(10分弱)でクサリ場。
画像

木道階段を過ぎると直ぐにガレ・岩のクサリ場だ。日当たりの良いところなので雪が溶けてクサリが出ているので心配ないが用心して通過。
画像
画像

通過後上部の安全な場所から円山木ノ頭・本間ノ頭
画像

相州アルプス【高取山・仏果山・秋葉山・革籠石山・経ヶ岳・華厳山】と東京都心・横浜方面の展望
画像

辺室山・三峰山とランドマークタワー/東京湾横断道(海ほたる)も見えている。
画像

ミズヒノ頭・西沢ノ頭・大山と手前は長尾尾根
画像

三ノ塔・新大日・木ノ又大日と手前は三角沢ノ頭
画像

相州アルプス/鍋嵐/辺室山・三峰山と右下手前はさっき通過した天王寺尾根分岐付近
画像

丹沢山への登山道(ガレ・岩のクサリ場通過後も急登が続く)
画像

丹沢山への木道階段の登り(これが意外ととキツくてしんどい登りです。)
画像
画像
画像

丹沢山への木道階段の登り(丹沢三峰線)分岐が見えてきた。(あと少し)
画像

丹沢三峰線分岐(10m位右へ行くと奥多摩方面の展望が得られる。)
画像

蛭ヶ岳
画像

雲取山・芋ノ木ドッケと手前に三頭山
画像

雲取山・芋ノ木ドッケ・日蔭名栗山・鷹ノ巣山・天目山・川乗山・棒ノ折山など長沢背稜の山々/三頭山・御前山/黍殻山
画像

丹沢山への丹沢三峰線
画像

丹沢山山頂部に到着です。誰もいませんね。
画像

丹沢山1.567m山頂と富士山
画像

丹沢山1.567m山頂一等三角点ゲット
画像

丹沢山1.567m山頂にて(11回目の登頂)
画像

丹沢山1.567m山頂と富士山
画像

お地蔵さんと富士山
画像
画像
画像

愛鷹山・富士山/不老山・湯舟山・三国山・大洞山・鉄砲木ノ頭/伊勢沢ノ頭・大石山・石小屋ノ頭・同角ノ頭
画像

愛鷹山系【愛鷹山・位牌岳・越前岳】/伊勢沢ノ頭
画像

富士山/大洞山・三国山・鉄砲木ノ頭・高指山・湯舟山/権現山/大石山・石小屋ノ頭・同角ノ頭
画像

富士山/同角山稜/不動ノ峰・鬼ヶ岩ノ頭・蛭ヶ岳
画像

不動ノ峰・鬼ヶ岩ノ頭・蛭ヶ岳
画像

富士山/同角山稜/不動ノ峰・鬼ヶ岩ノ頭・蛭ヶ岳
画像

箱根山・金時山/鍋割山稜
画像

さぁ〜て今日の宿『みやま山荘』に入りお昼兼ねて一杯飲もう。
画像

あ〜ぁもう。飲んでモタモタしてたら沈んでしまってた。また来年だな。【丹沢山から夕焼けと富士山】
画像

丹沢山から夕焼けと富士山
画像
画像
画像
明日も良い天気になってくれるだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹沢山系【丹沢山1.567m】小屋泊山行2/4 やまや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる