やまや

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹沢山系【丹沢山1.567m】小屋泊山行1/4

<<   作成日時 : 2018/02/15 14:54   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年2月13日(火)〜2月14日(水)

(一日目)1/4
2月13日(火)はれ 塩水橋から天王寺尾根経由【丹沢山1.567m】

昨年の12月に東野から蛭ヶ岳経由でみやま山荘に一泊した。天気展望もよく満足いく山行だった。丹沢の山々にもまとまった雪が積もり自宅玄関前から毎日丹沢山を眺めていた。13日・14日と天気が良さそうである。雪の丹沢山に昨年の二月以来約一年ぶりに塩水橋からみやま山荘泊でノンビリと雪山を歩いて楽しんできた。
丹沢山から夕焼けと富士山
画像

塩水橋から丹沢山に登る方への速報です。約1ヵ月間みたいですが県道70号線が一部区間全面通行止めになるようです。期間と区間は下の写真で確認してください。
画像

コースとタイム
塩水橋駐車スペース9:24→本谷林道ゲート9:26→瀬戸橋9:34→天王寺尾根登山口9:59→天王寺峠10:24→堂平/天王寺尾根分岐12:49→クサリ場13:04→丹沢三峰線合流点13:43→丹沢山13:50→みやま山荘13:58
(行動時間:4時間34分)(歩行速度:1.6q/h)(累積標高(+1.268m)(−94m)
二日間のGPS軌跡
画像

一日目の垂直プロファイル
画像

女房を仕事場に送ってから約50分で塩水橋の駐車スペースに到着。既に四台ほど止まっていてギリギリ駐められた。今回は小屋泊まりなのでノンビリスタートだが約5時間の予定で塩水橋を歩き始める。
画像

本谷林道ゲートに来ると林道には沢山の残雪。取りあえず脱着が簡単なチェーンスパイクを装着してゲートを抜けて瀬戸橋へと進んで行く。
画像
画像

本谷林道と塩水林道の分岐(瀬戸橋)に到着。さてどちらから登ろうか。どちらもかなり踏まれていてトレースは問題なさそうだ。まぁ〜無くてもどっちも知った慣れた山道。超久々に天王寺尾根経由で登ることにして真っ直ぐの本谷林道を進んで行く。
画像
画像

本谷橋の天王寺尾根登山口に到着。(途中で2人の男性が下山していった。)
画像

右に折れて登山道に入る。この付近の雪は殆ど消えている。
画像
画像

壊れて用をなさない獣柵を抜けると雪が出始める。
画像

天王寺峠に到着。風が冷たい。
画像

峠から本間ノ頭
画像

所々雪が消えているがこの先多くなるのでスパイクは付けたままで進む。
画像

檜林の中の山道は展望が無いのでチョット退屈な登り。
画像

おぉ〜やっと丹沢三峰線の円山木ノ頭・無名ノ峰・本間ノ頭が見えた。
画像

檜林の中の単調な登りが続く。
画像

段々と急登になってくる天王寺尾根線の登山道。
画像
画像
画像

今日は小屋泊まり。小屋には15時までに着けば良いよな。結構ノンビリと登っていける。
画像

円山木ノ頭・無名ノ峰・本間ノ頭(こっち方面の展望しか無いのが残念だ。)
画像

雪も結構多くなってきたがトレースがしっかり付いているので比較的楽に登っていける。
画像

この急なところはだいぶ消えてるな。
画像

おっ左側が明るくなってきたぞ。展望がありそうだな。
画像

少しくだって登り返し。確か三〜四回有ったよな〜。
画像

竜ヶ馬場が見えている。だいぶ登ってきているな。まだ2時間位かかるかな?。
画像

また少しくだって登り返し。
画像

ミズヒノ頭・西沢ノ頭・大山
画像

天王寺尾根線の登山道
画像

大山(キッと北尾根登山道も雪があり面白いだろな〜。)
画像
画像

少しくだって登り返し。これで三回目ですね。
画像

太礼ノ頭・円山木ノ頭・無名ノ峰・本間ノ頭
画像

おっ木道階段の急登。と言うことはここを登り切ると天王寺尾根線/堂平線の分岐だ。がキツイ登りだ。
画像

緩やかになってきたぞ。もう分岐だ。残す1.2qだ。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹沢山系【丹沢山1.567m】小屋泊山行1/4 やまや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる