やまや

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹沢山系【蛭ヶ岳・丹沢山】一泊山行往路(1/4)

<<   作成日時 : 2017/12/18 14:37   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年12月13日〜12月14日 丹沢山系【蛭ヶ岳1.673m・丹沢山1.567m】みやま山荘泊ピストン

久々に丹沢の山を小屋泊まり一泊で歩いてきた。蛭ヶ岳は2015年2月・丹沢山は2017年2月以来である。
蛭ヶ岳日帰りも可能ではあるが体のことを考えると無理は出来ないしこの時期日も短い。久々の丹沢なのでノンビリと歩き丹沢の山をじっくりと楽しみたいと思いみやま山荘泊とした。
13日(往路)は黍殻山登山口駐車スペースから八丁坂経由で姫次→蛭ヶ岳→丹沢山
14日(復路)は往路の逆コースだが八丁坂は通らずに青根分岐から駐車スペースへ

12月13日(水)はれ 往路【蛭ヶ岳 → 丹沢山】
丹沢主脈線(姫次)からの富士山
画像

朝4時頃起きてノンビリと準備してコンビニで朝飯。この時間だと家から1時間位で駐車スペースに着く。ライト歩行も考えたが小屋泊まりだ。急ぐことはないので明るくなるのを待ち歩き始めた。
今回の全GPS軌跡
画像

コースとタイム 
黍殻山登山口駐車スペース6:40→八丁坂ノ頭分岐登山口6:58→八丁坂ノ頭分岐9:02→姫次9:24(休憩)9:39→原小屋平9:52→地蔵平10:04→蛭ヶ岳11:38(休憩)12:05→鬼ヶ岩12:31→棚沢ノ頭12:51→不動ノ峰13:03→丹沢山13:54→みやま山荘13:56(行動時間:7時間16分)
今日のGPS軌跡と垂直プロファイル(累積標高:(+1.736m)(−681m) 歩行速度:1.7q/h)
画像

ゲートの手前を右に入った黍殻山登山口駐車スペースです。正面のT差路を右に折れると直ぐにゲート。横を抜けて進んで行く。
画像

駐車スペースから20分程度舗装された林道を進んで行くと八丁坂ノ頭分岐登山口だ。青根分岐登山口は更に林道を進んで行くがどちらから登っても時間は同じのようである。何時もの八丁坂を登る。檜林の山道を進み尾根に出ると樹林越しに展望がある。
画像

朝日が当たりオレンジ色に焼けた大室山と奥多摩の山々なども見える。
画像

松林の尾根になり少しずつ傾斜が増してくる。標高が上がっていくに連れ色々な山々が見えてくる。
画像

八丁坂登山道から奥多摩の御前山
画像

三頭山・芋ノ木ドッケ・高丸山・日蔭名栗山・鷹ノ巣山
画像

大岳山・生藤山
画像

キツイ登りとなってくる。
画像

左前方に黍殻山が見え隠れしてくる。
画像

朝日山・赤鞍ヶ岳
画像

傾斜が緩み黍殻山を眺めながら斜面を緩やかにトラバースしていく。少々展望が得られる所。
画像

陣馬山・影信山・小仏城山
画像

鷹ノ巣山・御前山・大岳山
画像

緩やかなトラバース道
画像

飛竜山・三ツ山・雲取山・芋ノ木ドッケと手前に三頭山
画像

緩やかな道も終わり傾斜が増してくる。暫く登って行くとモノレールを潜る。このモノレールは青根分岐登山口(林道終点)からの物で、暫く平行するようなかたちで東海自然歩道最高地点手前まで続いている。
画像

飛竜山・三ツ山・雲取山・芋ノ木ドッケ・御前山/手前に三頭山
画像

農鳥岳・間ノ岳・北岳
画像

大谷ヶ丸・ハマイバ丸・大蔵高丸・湯ノ沢峠・白谷丸・黒岳・牛奥ノ雁ヶ腹摺山・小金沢山
画像

いよいよ八丁坂ノ頭への急登が始まる。20分程度急登が続き少しずつ傾斜が緩くなってくる。八丁坂ノ頭は登山道から外れているしピークを示すもなはなかったような。なだらかになり進んで行くと展望がある。
画像

三ツ峠山・農鳥岳・間ノ岳・北岳・仙丈ヶ岳・鳳凰山
画像

今日の目的地の丹沢山と不動ノ峰・鬼ヶ岩ノ頭・蛭ヶ岳
画像

本間ノ頭・無名峰・円山木ノ頭・大山・太礼ノ頭・瀬戸沢ノ頭・丹沢山/手前に棒ノ木丸
画像

大山
画像

東京スカイツリー
画像

少し緩やかに登って行く。
画像

加波山・足尾山・筑波山
画像

少し下ると東海自然歩道に合流する八丁坂ノ頭分岐だ。右へ折れて緩やかに登って行く。おっいつの間にか木道が敷かれている。ここは泥濘んだ酷い山道なので助かります。段々となだらかな道になってくる。
画像

そして東海自然歩道最高標高点(1.433m)を過ぎ緩やかに下っていくと姫次は直ぐである。
画像

丹沢主脈線(姫次)と富士山(ここは私の好きな場所。出来ることならテン泊したいところ。しかし、丹沢はテン泊禁止なので残念である)
画像

同角ノ頭・檜洞丸
画像

これから通過する予定の蛭ヶ岳と蛭ヶ岳山荘
画像

袖平山方面へ1分程度のピークへ登ると素晴らしい展望が得られます。
毛無山・青薙山・雨ヶ岳・小河内岳・御正体山・聖岳・生木割山・赤石岳
画像

富士山・石割山・御正体山
画像

富士山(300oズーム)
画像

丹沢山・不動ノ峰・鬼ヶ岩ノ頭・蛭ヶ岳・ミカゲ沢ノ頭・明神ヶ岳・箱根山
画像

ミカゲ沢ノ頭・臼ヶ岳・明神ヶ岳・箱根山・同角ノ頭・檜洞丸・熊笹ノ峰
画像

檜洞丸・熊笹ノ峰・富士山・弧釣山・御正体山・大室山
画像

鉄砲木ノ頭・富士山・弧釣山・石割山
画像

毛無山・御正体山・聖岳・赤石岳・大室山・広河内岳・三ツ峠山・農鳥岳・間ノ岳
画像

荒川岳・白河内岳・大龍岳・広河内岳・三ツ峠山・農鳥岳・間ノ岳
画像

滝子山・大谷ヶ丸・ハマイバ丸・大蔵高丸・湯ノ沢峠・白谷丸・黒岳・牛奥ノ雁ヶ腹摺山・小金沢山・熊沢山・大菩薩嶺/後方には北奥千丈岳・国師ヶ岳/手前には倉岳山・百蔵山
画像

富士見・水師・木賊山・三宝山・破風山・雁坂嶺・笠取山/倉掛山・扇山
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
丹沢山系【蛭ヶ岳・丹沢山】一泊山行往路(1/4) やまや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる