やまや

アクセスカウンタ

zoom RSS 随分前から気になっていた長野県の山【守屋山】(T)

<<   作成日時 : 2016/11/17 14:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2016年11月3日(木)はれ 長野県の山 【守屋山1.650m】

守屋山(東峰)から入笠山と南アルプスの山々
画像

この山は数年前から冬・春に何度かこの杖突峠に来ている。しかし、来る都度に天気があまり良くなく撤退。展望のいい山なので晴れた日に登りたい(特に冬場)。遠征最終日は天気は良いようだ。高い山の雲が気になるがスノーハイクの下見かねて杖突峠から登ってきた。
前日、杖突峠で車中泊(他にはいない)。5時頃起きてR152号線を諏訪方面へ車で3分位下ると販売機やトイレがあるので用を済ませ峠に戻りノンビリと準備し明るくなりのを待った。
コースとタイム
杖突峠登口6:08→林道出合6:24→守屋山登山口6:39→胸突坂7:08→立石コース合流点7:15→
守屋山(東峰)7:20(休憩)7:30→守屋山(西峰)7:49(休憩)8:05→中嶽8:15→
守屋山(東峰)8:25→守屋山登山口9:10→林道経由杖突峠9:51 
歩行距離:9.2q 行動時間:3時間43分  歩行速度:2.4q/h  累積標高:(+638m)(−648m)
GPS軌跡と垂直プロファイル
画像

今日は天気は良さそうだ。明るくなり6時になったので、守屋山登山口【杖突峠】駐車スペースをあとに歩き始めた。先ずは発電用ソーラーパネルのフェンス沿いを登っていく。少し急な登りが緩むと林道が見えてくる。
画像

登山道でも林道でもほぼ同じ所に出る。林道を横切り進む登山道はトラロープが張られていて通れないようなので林道を進んでいく。左前方(守屋山方面だろう)の山に陽が当たり唐松などが黄金色に輝いていた。
画像

キノコ取りのおじさんからキャンプ場手前の右に伸びる林道付近で熊出没情報。緊張しながら進んでいく。林道を15分程度進んでいくと守屋山登山口のキャンプ場に着く。簡易トイレが3〜4個設置してあったが状態の確認はしていません。
画像

黄金色に輝く唐松林
画像

施設を過ぎると登山道となってくるが滑りやすい道だ。黄金色に輝く紅葉を見ながらノンビリ進んでいく。
画像
画像

緩やかな笹道を進んでいくと胸突坂。そんなにキツくはなかったが岩帯もある。この直ぐ先で立石コースが合流してくる。
画像

緩やかに進んでいくと守屋山(東峰)は見えてくる。
画像

守屋山(東峰)1.631m山頂(天気は良いが雲が多く展望は今一だ。)
画像

守屋山(東峰)からの(西峰)
画像

多分、乗鞍岳方面
画像

高ポッチ山・鉢伏山・二ツ山・美ヶ原・茶臼山・三峰山と眼下に諏訪湖
画像

茶臼山・三峰山・物見石山
画像

霧ヶ峰(車山)
画像

蓼科山はガスの中
画像

八ヶ岳連峰もガスの中で編笠山が辛うじて見えている。
画像

編笠山/金峰山/小金沢連嶺
画像

入笠山・甲斐駒ヶ岳・鋸岳・北岳・仙丈ヶ岳など南アルプスはよく見えている。
画像

甲斐駒ヶ岳・鋸岳
画像

北岳・仙丈ヶ岳
画像

北岳
画像

馬の背・仙丈ヶ岳・大仙丈ヶ岳
画像

塩見岳・荒川岳(東岳)と手前は地蔵尾根の地蔵岳
画像

荒川岳(中岳・前岳)・赤石岳
画像

大沢岳・二児山
画像

奥秩父【曲岳・金ヶ岳・茅ヶ岳】
画像

守屋山(西峰)へ向かう。
画像

守屋神社奥宮
画像
画像

守屋神社コースを左に見送り緩やかに下ったり登ったりしながら中嶽・カモシカ岩と進んでいく。一昨昨日の雨が雪だったらしく少し積もっていた。
画像

守屋山(西峰)山頂部が見えてきました。
画像

守屋山山頂ラビットハウス
画像

小屋の中は少人数座れる長椅子や展望図・花の写真・小さな人形・老眼鏡など色々置いてありました。
画像
画像

守屋山(西峰)1.650m山頂にて(此方からの展望も素晴らしいです。)
画像

守屋山(西峰)山頂一等三角点ゲット
画像

守屋山(西峰)から(東峰)
画像

甲斐駒ヶ岳・鋸岳
画像

北岳・仙丈ヶ岳
画像

塩見岳/荒川岳(東岳)と手前は地蔵岳
画像

随分前から気になっていた長野県の山【守屋山】(U)へは 此方から → 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
随分前から気になっていた長野県の山【守屋山】(T) やまや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる